ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート
ここ何年来、元旦の夜の楽しみはウィーン・フィルの「ニューイヤーコンサート」のライブで、どこに行っていても聴き逃さないようにしている。
ところが今年は、友人の外交評論家の出演する時事問題のプログラムと重なり見損なってしまい、残念に思っていた。
それが昨日の朝、再放送があり「年中行事」に穴を開けなくて済んだ。

ウィーン・フィルの音色は素晴らしい、ことに弦が。
ウィーン・フィルの初来日は1956年。僕がアメリカに立つ直前だった。
当時の常任指揮者が来れなくなり、ヒンデミットが代わりに指揮棒を振ったのを覚えている。
曲目は忘れたが、超一流のオケを聞くのは初めてで、まるで天上の音楽のように酔ってしまった。

当時もN響(日響)の定期会員ではあったが、とてもとてもその足元にも及ばなかった。
50年前は、殆どのクラシックは、CDでもなく、LPでもなく、あの針音のザーザーと混じる78回転のSPレコードで親しんだものである。
それでも申し訳ないが、日響の生よりも楽しめたのも事実である。
そのレコードで耳にする素晴らしい音色が、現実に存在すると知らしめたのが、ウィーン・フィルであった。

“良い指揮者は?”と聞かれたウィーン・フィルの団員達が、“それは俺たちの邪魔をしない人”と答えたのは有名な話だが、昨日の指揮はバレンボイムで、実に息が合った楽しい演奏だった。

ハイドンの没後200年にちなんで、ハイドンの生地ハンガリーにゆかりの曲も多く、最後は例の「告別」を茶目っ気深い演出で、楽団員を少しずつ立ち去らせ、バレンボイムはやんやの拍手喝采を浴びていた。

そして、「美しき青きドナウ」ではこれも例年通り、出始めでいったん中止し、新年のあいさつを指揮者が述べる。
バレンボイムはユダヤ人である。
この世界に一日も早く平和を”と訴えかけたのが、イスラエルとハマスの武力抗争がエスカレートしている今、テレビの前の我々を含め、聴衆の心に深く響いた。

さて締めくくりはこれも例年の如く、「ラデツキー行進曲」である。
これを聞くたびに、十年前、アメリカの形成外科学会の際のボストン・シンフォニーの貸し切り公演で、学会のメンバーが皆で手拍子で参加したのを思い出す。
そして最後は全員の “ハッピー・ニュー・イヤー!”の大合唱。

これまた恒例の同時中継のバレー団の踊りも含め、存分に楽しめました。
[PR]
by n_shioya | 2009-01-04 23:17 | コーヒーブレーク | Comments(6)
Commented by valkyries at 2009-01-05 09:21 x
先生、私もDVDに撮って翌日見ました。子供達も「告別」の演出が大いに気に入ったようです。
演奏に加えて、ウィーン楽友協会の素晴らしさ!ハプスブルク家がアジアや中南米の資源を搾取して造りやがって・・・というひねくれた感慨も直ぐに忘れて堪能しました。
Commented by バレエ at 2009-01-05 16:52 x
今年のも良かったです。
指揮者がユーモラスでした。
Commented by n_shioya at 2009-01-05 19:15
valkyriesさん:
ウィーンのインターコンはいかれましたか?
10年ほど前、ザルツブルグからドナウ沿いにドライブし、インターコンに泊まり、その晩、フォルクスオパーの蝙蝠を見に行ったのを思いしました。
演奏会後、ホテルで夜食に食べたウィーナー・シュニッツェルがおいしかったです。
Commented by n_shioya at 2009-01-05 19:16
バレエさん:
コメントありがとうございます。
指揮者と楽団院と聴衆が一体になって楽しんでいましたね。
Commented by valkyries at 2009-01-05 22:10 x
先生、私は20年前に泊まりました。観光で行ったのに、現地の総支配人に頼まれてホテルの日本語パンフレット作りを手伝わされたのも良い思いでです。あそこのメイン・ダイニング「フォー・シーズン」の日本語メニューもその時に私が翻訳し作成したものです。
私はオペラ座で「ワルキューレ」を観た後、やはりウィンナー・シュニッチェルを絶品の白ワインと共に頂きました。
実は私のハンドル・ネーム"valkyries"はワルキューレの英語読みで、
その時の思い出から名づけたものです。
Commented by おっぱい動画大全集 at 2011-02-22 09:12 x
s_I:{#AG, www.oppaimovie.com, おっぱい動画大全集, http://www.oppaimovie.com/


<< ラホヤのデニーズ 消えゆくバッドワイザー? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム