ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ストーク・オン・トレント
バーミンガムを目前にしたあの空前の渋滞がなければ、本当はストーク・オン・トレントにちょっと立ち寄るつもりだった。
10年も前のことだが。

朝早めにオックスフォードを出発し、M40にのってストラットフォード辺りまでは順調に走れたが、バーミンガムの南で突然渋滞が始まり、車の列はいっかな動かない。
数時間後、やっとM42に入って、M6に合流し、バーミンガムを迂回する頃には、すでに予定時間を大幅にオーバーしていた。

目指すチェスターまではまだ2時間はかかる。
チェスターのグロブナーホテルには、午後五時の約束でコンバテックの研究所長が待ちかねている筈だ。
僕は涙をのんで、バーミンガムチェスターの中間点のストーク・オン・トレントを素通りした。

なぜそんなにこだわるの?
そこがイギリスの焼き物の産地で、ウェッジウッド、ミントン、ロイヤルドールトンなど、名だたる窯が参集しているからである。

確か夏樹静子の「わが郷愁のマリアンヌ」はイギリスの老舗窯元を舞台にしたミステリーで、ストーク・オン・トレントだけでなく、湖水地方やテムズの上流のイギリス最古の旅籠屋イー・オールド・ベルも出てきたように思う。
あの小説はプロットも面白く、現地の取材も自身で足を運んだようだが、ただ一つ気になることがあった。
それは湖水地方の中心の町、Keswickをケズィックと記していることである。土地の人はあえてを発音せず、ケズィックと呼ぶのが習わしだからだ。
ちなみにこういう僕の余計なひと言は配偶者の語彙ではぺダンティック(衒学的)というそうだ。

まあしょうがないや、また来ればいいとあっさりとあきらめて、その時はコンバテックの研究所見学と、ウェールズの名城カナーフォンの観光にとどめておいた。

その後配偶者が陶器の絵付けを習い始め、マイセンを筆頭にどこを旅しても窯元があれば尋ねるようになり、ストーク・オン・トレントは次回の英国旅行の際のマストの一つになっていた。

そのウェッジウッドが倒産した、と昨日のニュースで報じられた。最近の経済危機のあおりである。しかもトラブルはウェッジウッドだけではなさそうだ。
GMといい、バッドワイザーといい、栄枯盛衰は世の習いと言えばそれまでだが、キャデラックやビールはともかく、あのウェッジウッドの気品ある作品が姿を消し、ストーク・オン・トレントの名窯の火が消えてしまうのはいかにも悲しいことだ。
誰か助けてくれるだろうか?
[PR]
by n_shioya | 2009-01-06 23:01 | コーヒーブレーク | Comments(3)
Commented by jiumei at 2009-01-08 23:40 x
初コメントさせていただきます。
先生のブログは数年前から楽しく読ませていただいております。
WEDGWOODのニュースは本当に衝撃でした、私もつたないブログで胸が痛んだと綴りましたが、経済の悪化が文化を壊す悲しいですね。
ロンドンの本店にも何回かのぞいた身には辛いニュースでした。

Commented by n_shioya at 2009-01-09 23:15
jiumei さん:
コメントありがとうございます。
イギリスにはよく行かれるのですか。
またそのお話でもお聞かせください。
ブログのアドレスをお教えいただけますか。
Commented at 2009-01-11 23:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 悪魔の飽食 ラホヤのデニーズ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム