ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
パリ
「人は誰でも二つのふるさとを持つことができる、それは自分の生まれ故郷とパリと。」といったのは誰だったか。

僕がそのパリの洗礼を受けたのは、30年ほど前、パリで開催された国際形成外科学会に参加した時である。
数日の短い滞在だったが、完全にその虜になってしまった。
ほかの外国の街は初めて訪れた時でも、先入観というか、事前の予備知識や期待とそれほどズレを感じることはないものだ
だが、パリだけは全く予想外の顔をしていた。
一言でいえば、町全体が芸術品である。
そして人々はそこで息をしている幸せを大事に守っているかのようであった。

ゲルマン民族のような、息の詰まる超完璧主義でなく、わざと「完全」から一本柱を外したかのような、デリケートな美意識
倒錯した世界が当たり前に感じられてくる危うさ。
メロメロになった僕は、レストランの便所の前に座って、小銭のチップを恵んでもらう生活でもいいから、そのままパリに残りたいと本気で思った。
短い滞在の後、セーヌの川沿いにオルリー空港へ向かうバスの中から、パリの街並みに別れを告げた時、不覚にも涙したのを思い出す。

そのパリの魅力をあますことなく描き出した映画が東急文化村で公開されている。
タイトルはそのものズバリ「パリ
実は今、見終わって渋谷から帰ってきたところである。
b0084241_934486.gif

[PR]
by n_shioya | 2009-01-08 22:13 | コーヒーブレーク | Comments(12)
Commented by ruhiginoue at 2009-01-08 23:18
>ゲルマン民族のような、息の詰まる超完璧主義でなく、わざと「完全」から一本柱を外したかのような、デリケートな美意識。

塩谷先生は伊福部昭と同じことをおっしゃいますね。
Commented by きのこ組 at 2009-01-09 11:03 x
でもフランス人は意地悪ですよ。
関り合わないほうがよろしゅござんす。
Commented by さわだ at 2009-01-09 11:33 x
最近 朝しか洗顔しません やばいですよね
Commented by ☆みかん at 2009-01-09 15:52 x
フランスは過去の遺産で
生きているような・・。
若者は退屈らしいですけど・・。
Commented by icelandia at 2009-01-09 17:46
あこがれの対象として見ていたい国です。『庭師〜』は見逃してしまいましたが、この映画は心して見に行きます!
Commented by silku928 at 2009-01-09 21:16
素敵な映画ですね。

本日、
王冠がのったパイにアーモンドクリームが入ったフランスのパイ菓子
「ガレット・デ・ロワ」をたまたま購入して食べました♪。

香ばしくて、とっても美味しかったです。
Commented by n_shioya at 2009-01-09 23:05
ruhiginoueさん:
伊福部昭先生のことは知りませんでした。
勉強させていただきます。
Commented by n_shioya at 2009-01-09 23:06
きのこ組さん:
確かに中華思想と、観光用のスマイルが混在していますね。
Commented by n_shioya at 2009-01-09 23:07
さわださん:
僕が洗顔したのは去年のいつごろでしたか、もう遠い過去のことのようです。
Commented by n_shioya at 2009-01-09 23:10
☆みかん さん:
エトランジェには良い面しか見えないかもしれませんね。
Commented by n_shioya at 2009-01-09 23:11
icelandiaさん:
ぜひご感想をお聞かせください、辛口のでも。
Commented by n_shioya at 2009-01-09 23:12
silku928さん:
フランコファイルが増えることはうれしいことです。


<< 男子のアンチエイジング 悪魔の飽食 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム