ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
真実の報道
“そりゃNHKにはかなわないわよ、癪だけど。”
民放にいた娘はわが家でテレビ番組を見ながらいった。

今は仕事をやめて、二人の子育てに忙しいが、現役のころはレポーター役で、パンダが逃げというと追っかけさせられ、集中豪雨で地下鉄が冠水したのとなると、腰までつかってマイクを握り締める。
ある時は、日本の若い女性観光客が殺害されたというので、すぐにオーストラリアまで飛んで行ったこともある。

“ともかく人も予算が桁違いよ。こっちが事件現場で一人何役もやってるとき、NHKからは30人も大挙して押し寄せるのだからかなわない。”
確かに、僕が贔屓にしているNHKスペシャルなど、素人目でもありゃ人手も年月も、そして莫大な予算がかかっているだろうことはよくわかる。
そして癪だが、中身の濃いものが多い。

いまやっている三回ものの、「男女における脳の働きの違い」など、下手な医学書よりもずっと先端を行っていて、しかもわかりやすい。

ただ取材を受ける立場からすると、いろいろ気に食わぬこともあるが、これはテレビ報道の宿命で、NHKに限らない。
まず、取材の前に下調べがなされるのはいいが、しばしば取材に来るときには先方に都合のよい、シナリオが既に出来ていて、こちらの発言を都合よくつなげて、こちらの意図と全く違ったストーリーを作られてしまうことがある。

すると娘に言われた。
“それを避けるコツがあるのよ。
まず、筋道だってしゃべらないこと。なんかわけもわからズラズラ切れ目なく喋られると、切り貼りしようがないでしょ。
それから、体を年中動かしていること。そうすると繋ぎにくくなるのよ。”
そりゃそうかも知れないけど、これでも絶えずなんとか理路整然と簡明にと心がけている身にとっては、至難の業である、まあ体を揺するぐらいは練習で出来るようになるかもしれないが。

“いま一つ。テレビは「視聴率」が神様。そのためにはビジュアルでなけりゃ。つまりどんな大事なニュースでも、視覚にアピールできる映像がなければ没よ。”
つまるところ、テレビが真実を報道してるなど甘い幻想を持つな、ということらしい。

ちなみにそれだけ予算が潤沢なはずのNHKだが、これは日本(Nihon)薄謝(Hakusha)協会(Kyoukai)の略称だと巷間で囁かれているのはどうしたわけだろう。
[PR]
by n_shioya | 2009-01-14 23:40 | コーヒーブレーク | Comments(6)
Commented at 2009-01-14 23:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2009-01-15 22:11
hahaha さん:
いずれ、新聞、ネットもやり玉にあげましょう。
Commented by エロ爺ジュニア2号 at 2009-01-16 11:33 x
なるほど、エロ爺ジュニア?3号の、「まず、筋道だってしゃべらないこと。なんかわけもわからズラズラ切れ目なく喋られると、切り貼りしようがないでしょ。それから、体を年中動かしていること。そうすると繋ぎにくくなるのよ。」というアドバイスは一言で言うと「普段通りの自然体でいれば?」というアドバイスにも読めますなぁ…
Commented by n_shioya at 2009-01-16 23:54
エロ爺ジュニア2号さん:
それほど落ち着きのない、支離滅裂な男とみられているとは知りませんでした。
Commented by エロ爺ジュニア2号 at 2009-01-17 08:51 x
イエイエ、それも赤瀬川原平さんの仰るポジティブな老人力の一つの形かな、と。

その遺伝子をややブラックなユーモア力と共に受け継いでいることを実感する今日この頃ですが…
Commented by 3号 at 2009-01-17 11:16 x
こんな応酬になってるとは知らんかった・・・(-_-;)


<< 横浜のディナークルーズ 鱒の五重奏 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム