ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
新生アメリカのスタート
オバマガ勝った。そして新政権が発足した。
民主主義の勝利である。“チェンジ”がスタートした。

思えば長い道のりだった。
未曾有の経済危機と、テロ対策を抱え、新政権の先行きを危ぶむ声もあるが、いまは素直に、そして無条件に喜びに浸りたい。

昨夜、仕事でニューヨークから飛んできた長男は、空港で買ったというタイムやライ
フの特集号を抱えていた。もちろんオバマ一色である。
半世紀前、その長男が生まれたころのアメリカを思うと、隔世の感がある。
そのころのアメリカは、識者であっても黒人を平等に扱うのは、太陽を西から上らせ
るような、愚かしい理想論と思いこんでいた。憲法と現実の乖離は当然とされてい
た。

ちょうどケネディが台頭した頃だった。
若いセネターだが、いずれは大統領になるだろうとみな期待していた。やがて政治の
階段を一気に駆け上り、大統領の就任演説の名セリフで全世界を魅了した。そして
に倒れた。

オバマの旋風ははるかにスピーディであった。
その演説も迫力があった。レトリックの勝利である。
自分の発言に命をかけなければ、人を魅了することはできない。
そしてアメリカ国民は、“よし、あいつにやらせてみよう!”と団結した。

政治の世界が足の引っ張り合いであることはどこの国でも同じである。
オバマは「民意」を味方に、それを巧みに振り切った。
わが国でも、「改革」を目指す政治家が台頭しつつある。
“よし、やらせてみようじゃないか。”と若いエネルギーが結集することを切望す
る。
そしてそのエネルギーを盛り立てるのが、僕のような後期高齢者の務めであり、最大
アンチエイジングと信ずる。
[PR]
by n_shioya | 2009-01-22 15:47 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by icelandia at 2009-01-22 16:14
リアルタイムのストリーミングで、かじりついて見ました。就任演説で名演説をぶつのかと思ったら、非常に厳しい現実を重んじた内容で、お祭り気分ではなく、既に大統領としての舵取りを始めたのだという印象でしたね。その後、キャンペーン中の演説やインタビューや、奥様のミッシェルさんのインタビュー等々も見ました(YouTubeに感謝!)。この奥様がまた格別に素晴らしい!夫婦としても、見ていて清々しいものがあり、過剰な期待は禁物とはいえ、希望を感じさせてくれるリーダーであることは間違いないようです。個人的には大ファンになりました。
ブッシュ君という歴代でも最悪のツケを残した政権を引き継ぐのは不運ですが、そういう政権だったからこそ次期大統領に選ばれたのも事実でしょう。アメリカ国民は賢い選択をしたと信じたいと思います。
Commented by ruhiginoue at 2009-01-22 22:39 x
 ケネディは暗殺されず再選されていても健康状態が悪すぎて務めきれなかったと言われてます。
 たしかに、彼の写真などを見ると、ムーンフェイスになっていて一目瞭然でした。
Commented by n_shioya at 2009-01-23 23:06
icelandiaさん:
配偶者は終わりまで観て、次の日の朝は寝不足でヘロヘロでした。
Commented by n_shioya at 2009-01-23 23:07
ruhiginoueさん:
ムーンフェースは腰痛のための投薬のせいでしょうかね。ご乱行はその薬のせいだとも聞いていますが。


<< 羊の歌 珍客 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム