ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
日本のマクリントック、頑張れ!
今日は日本のマクリントック女史が札幌からやってきた。
配偶者の女学校時代の親友であるが、マクリントックとは僕のつけたあだ名である。
さっそく丸ビルの最上階のモナリザで、皇居とその周辺の夜景を愛でながら、三人で河野シェフのフレンチを楽しんだ。

マクリントック博士はアメリカの女性生物学者で、長年にわたり、トウモロコシの色つきの粒を追いかけ、遺伝子がジャンプすることを突き止めて、ノーベル賞を受賞している。
配偶者の親友も発生生物学を専門とし、長年根気よく蚕の遺伝子を追っかけ、その独創性と根気良さはどのノーベル賞受賞者にも引けを取らない。

今回東京で開かれた学会では、最近の彼女の精子に関する研究が高く評価され、下手をするとノーベル賞も射程距離内に入ったかもしれぬという。
おめでたいことである。

彼女の兄上は東大名誉教授で、名前を出せばどなたでもご存じの皮膚科学の大御所で、僕も親しくさせていただいているが、臨床だけでなく基礎研究でも優れた仕事をされている。
兄妹二人とも、基礎学者のDNAを共有しておられるようで、平平凡凡な形成外科医にとってはうらやましい限りである。

ところでこれだけ日本からノーベル賞受賞者が輩出しても、まだ、女性は一人もいない。
日本のマクリントック女史、ぜひ頑張って長生きしてください。
彼女はすでに78歳。
ノーベル賞は生存者にしか与えられないからである。
[PR]
by n_shioya | 2009-03-23 23:24 | コーヒーブレーク | Comments(6)
Commented by icelandia at 2009-03-24 03:40
日本のマクリントック女史へのノーベル賞に(気持ちだけでも)一票!
ところで、ネットで見る限り、もしや女史は74歳では? きっと78歳までには受賞するという大予言ですね!
 *ネット上の情報間違えの場合はお許しを。
Commented by 芙蓉 at 2009-03-24 07:58 x
遺伝子のジャンプ..ならば、是非、精子にもジャンプ!していただいて、
日本人初の女性ノーベル賞受賞、心より期待しております。

いつも興味深くて楽しいお話、ためになります。ワクワク..♪。
ありがとうございます。
Commented by 船長 at 2009-03-24 22:25 x
うわぉ!
期待しちゃいます!!
年齢はむしろ希望ですね!!!
Commented by n_shioya at 2009-03-24 22:38
icelandiaさん:
女史に関しては個人情報でもありますので、メールでお知らせします。
Commented by n_shioya at 2009-03-24 22:40
芙蓉さん:
実はそのお仕事、精子の活性化にもつながるかもしれないのですよ。
Commented by n_shioya at 2009-03-24 22:42
船長さん:
好きなこととコツコツ続けること。
年とともにその積み重ねは厚くなります。
そしてやがては・・・・


<< あっぱれ、原監督! 牙むき出しの肉食人種 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム