ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
形から心へ
b0084241_1181439.jpgコーヒーカップをひっくり返してしまった。
幸い今度は机上のパソコンに被害はなかった。
秘書嬢があわてて机を拭き、取りあえずといってカップだけ持ってきて、コーヒーを入れてくれようとした。
“あ、ちょっと待って。ソーサーも付けて”と僕は言って昔の思い出を話した。

あれは戦争直前だったか、直後だったか、いずれにせよ物資が欠乏していた時だった。
コーヒーカップも貴重品の時代だった。
ある日、知り合いのイギリス夫人の家に招かれ、アフタヌーンティーを御馳走になった。
客の一人の女性が手伝うつもりで、カップを並べようとした、ソーサーなしに。
“あ、ちょっと待って。ソーサーも忘れないで”と夫人は言った。
“今の非常時にすべて倹約したいのはわかりますが、荒廃している時だけに、なおさらカップとソーサーを揃える心意気を大事にしましょう。”
という言葉に皆納得し感銘を受けた、と。

“なるほど、形より心と言いますが、形から心に入るというのも大切なことですね。”
聡明な彼女はすぐ理解してくれたようである。
[PR]
by n_shioya | 2009-04-04 21:46 | コーヒーブレーク | Comments(5)
Commented by 芙蓉 at 2009-04-04 22:22 x
先生の洒落たお話でコーヒーブレーク、楽しませていただきました。

>形から心に入るというのも大切なことですね

まったく同感です♪。
私も、オフィスの机の上のカップは、白磁のカップ&ソーサーです。
珈琲タイム、
皆、お気に入りのマイカップを持参しているのですが、
可愛いたっぷりサイズのマグカップが多い中、
ソーサー付きのカップは私だけ。
それを見た同僚は、思わず、
「あら、落ち着いていいわね~♪」と、評判も上々(^^ゞ。
多忙で余裕がないときも、このカップ&ソーサーを見ますと、
不思議と気持ちが落ち着きます。
ドタバタと、余裕がない毎日だけに、
こういうちょっとしたゆとり、大切にしたいものです。
いいお話、ありがとうございました♪。
Commented by なんでんtoshi at 2009-04-04 23:56 x
いつも拝見させていただいております。
最近はソーサーがくっ付いたコーヒーカップもありますけど。
これなら、ソーサーを忘れることはありませんね。
これではやっぱり、情緒がないですかね。
Commented by n_shioya at 2009-04-05 22:23
芙蓉さん:
そのお気に入りのカップとソーサー、一度拝見したいですね。
僕自身はロイヤルコペンのブルーフルーテッドのハイハンドルとは前に書きましたっけ?
Commented by n_shioya at 2009-04-05 22:28
なんでんtoshi さん:
コメントありがとうございます。
我が家は結婚当時貧困のどん底で、いまだに揃いの食器がありません。
でもそれぞれが違うカップというのも、乙なものです。
Commented by だんぷ at 2009-04-06 02:20 x
形から心・・・の後半「心に」の部分大事ですよね
形だけに終わらないようにしなければ。


<< 「怒涛の会」の船出 シャングリラのアフタヌーンティー >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム