ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
学会を終えて
日本抗加齢医学会の学術集会は盛況裏に終了した。

参加者数だけでなく、これだけ各科の医師が一堂に会する医学会は他に類を見ない。
したがって討議のレベルは玉石混交であるのは当然だ。
僕はそれで、いや今はそれがいいのだと思う。

今の医学はあまりにも臓器別と言えば聞こえがいいが、縦割りと言えばその正体がお分かりだろう。
人間の体全体を診る医師が消えつつある現在、セネセンス(老化)と向き合うアンチエイジングの手法すなわち、抗酸化、ホルモン補充療法、免疫能強化等横糸のように、縦割り行政、ではなかった臓器別の細分化した経糸をつないでくれる。

全科の医師がもっともっとアンチエイジング医学に参加することによって、認識を共有し医療の再編成がおこなわれていくような予感を感じる。

ところで明日は「見た目のアンチエイジング研究会」。
アンチエイジングすら胡散臭く思う保守的な医師たちは、「見た目」とは何事だ、それが医療かと謗る。
それにもかかわらず、この研究会もおかげさまで着実に発展しつつある。
それはニーヅがあるからだ。
[PR]
by n_shioya | 2009-05-29 23:10 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by 船長 at 2009-05-30 09:33 x
見た目だけではなく中身も・・・なんていうきれいごとではなく
そのものずばりの研究会名にむしろ期待できそう感が漂います
Commented by n_shioya at 2009-05-30 22:39
船長さん:
残り少ない人生、本音で生きたほうがよさそうです。


<< 見た目のアンチエイジング 学会第一日目 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム