ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
アパルトヘイトと市場原理
“ノビ、アフリカに行ってみないか?”
ボスのマカンバー教授から突然そう言われたのは、1964年のことである。
ノビとは僕のアメリカでのニックネームだ。

“ケニヤのナイロビだ。街は立派な近代都市だが、一歩外に出ればライオンやガゼルなど野獣が飛び回るサバンナだ。そしてその先にはキリマンジェロが万年雪を被ってそびえている。”

うーん、行ってみたい。
だがちょうどひと月前、母校からお呼びがかかって8年の留学生活に終止符と打つことに決めたばかりだった。

ナイロビにはボスの友人の形成外科医が孤軍奮闘していて、パートナーを探しているという。
配偶者も好奇心に火がついた。
“行ってみたいわ。でも子供たちのこともあるし・・・”
ということで、夢はついえた。

先ほどからテレビで南アフリカ世界遺産の紹介をしている。
ヨハネスブルグが出てきた。
そう言えばあそこにもボスの友人の形成外科医がいて、毎年ニューヨークに訪ねてきたものだ。

ボスは狩猟が好きで、毎年長い休暇を取って、ライオンを仕留めに行くのでアフリカには知り合いが多い。一度はライオンに襲われて、危機一髪のところを奥さんが仕留めて命拾いをしたという。
そのライオンが剝製となって、ボスの書斎を飾っている、ライフルを構えた奥さんの像と組み合わせで。

さて世界遺産だが、ヨハネスブルグの近くのロベン島という刑務所のあった島だった。政治犯の収容所で、ネルソン・マンデラもここに15年ほど入れられていたという。
アパルトヘイト時代の遺産だが、今、アフリカの人にとって一番人気のある世界遺産だそうだ。

アフリカにせよ、インカ帝国にせよ、白人は残虐なことをしてきたものだ。
アメリカでもそうだ。そのつけがやっとオバマ大統領の形で償われようとしている。

配偶者が言った。
“白人で野蛮ね。”
そう、でも我々も部落民やアイヌの問題をまだ引きずってるじゃない?
略奪支配は人間の性(さが)のようだ。
そして今「グローバリゼーション」というまやかしの言葉で世界を席巻している「市場原理」も、鉄砲電子マネーに変えた「弱肉強食の世界」の正当化にすぎないのではなかろうか。
[PR]
by n_shioya | 2009-06-01 23:35 | コーヒーブレーク | Comments(3)
Commented by Hope at 2009-06-02 22:06 x
どの世界を見ても、子供の世界でも
残酷さを正当化する姿がみられます。
大人から学ぶのかそれとももともと持っているのか・・・。
せめて、自制心を育てなければ・・・。
Commented by n_shioya at 2009-06-02 23:10
Hopeさん:
両方かも。
でもやはり子供は大人の鏡というべきでしょうね。
Commented at 2009-06-11 15:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ひざの痛み QOL >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム