ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
視床下部とオレキシン
今僕は脳の「視床下部」という部位に注目している。
大脳のほぼ中心に位置し、外からの刺激、ストレス、感覚を含め、すべての情報が集まり、ここから脳下垂体、自律神経系へと指令が出され、全身のホルモン、神経の調整をつかさどっている。
いわば、エアポートの管制塔のようなものだ。
当然ながら食欲とか、睡眠のコントロールもここで行われる。
コンピューターならCPUに相当すると言えるだろうか。

人体は生命維持のために様々な工夫を凝らしている。
損傷、摩耗に対しての修復機能、失われた組織の再生、なかでも日々活躍しているのは、バランスの回復機能である。
僕はこれをヨットの「復元力」に例えたい。

ヨットはどんなに傾いても、もとに一人で戻る。そうなるよう重心が設定されているからだ。たとえいったんセールが海に使っても、これを「チン(沈)」するというが、「復元」つまり立ち直ることは可能である。本当に沈没するのは、船室が水浸しになったときだけである。
人体でも通常のストレスには「復元力」で回復するが、それを超えた時、ヨットなら「チン」に当たるのが「発病」で、「沈没」は「」ということになろうか。
この「復元力」の中枢が「視床下部」にあるのではないかと僕は考えている。
加齢により当然この「復元力」も衰えるはずで、この「視床下部」を活性化するのが今後の抗加齢の命題の一つではなかろうか。

そんな話を聞きつけたある企業の方が、“それ、本当でっか?じゃ、わっちにそのサプリを創らせてください”とおっしゃった。
やはりビジネスマンは目の付け所が違う。
でも、これはまだ仮説の段階で、サプリ等まだ先の話だと申し上げた。

そこで神経内科の専門家にお伺いすると、すでに「視床下部」の一部の機能に関与する物質は発見されているという。
オレキシンと言って「視床下部」の辺縁の細胞から分泌されそうだ。
するとオレキシンの分泌を促進するサプリを見つけなければ。
よし、明日から取り掛かろう。

やれやれ吾輩も、「起業の罠」にはまってしまったようだ。
[PR]
by n_shioya | 2009-06-20 22:04 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by 船長 at 2009-06-21 10:56 x
オレキシン、最近よく耳にしますがなんだかよく知りませんでした
なるほど!
それにしても美容健康分野は玉石混交とのイメージが強いです
どうか本物の「罠」にからめとられませんよう・・・と祈りたくなります
そのくらい怖いイメージなんですな。
Commented by n_shioya at 2009-06-21 23:15
船長さん:
ミイラ取りがミイラにならぬよう心がけます。


<< 杜の都 快眠ベッド >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム