ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
アンチエイジングと素人画家
先日、中学のクラスメートのからアマチュア画家のグループ展に自作を出展したという連絡を貰い、銀座の伊東屋ギャラリーを覗いてみた。
ちょうどレセプションの時間帯だったので、クラスメートの何人かに会うこともできた。

は中学時代から絵が好きで、セザンヌ張りのなかなか味のあるデッサンを描いていた。
“君たちにはこの絵の味はわからんだろうが”というのが、美術の担当の教師の褒め言葉だった。

よく遊び、更によく遊ぶタイプだったので、大学の最終学年の終わり頃、突然電話があり、“俺、日銀に受かっちゃったよ”と言われ、思わず“ひぇー、まさか!”と叫び、“やだなー、みんなにそう言われるんだよ”と嘆かれたのも、懐かしい思い出である。
はその後銀行マン稼業に追われ、キャンバスから離れていたが、少し時間もできるようになったので、3年前にこのグループに入ったという。
そう言えば先週藤原賞をもらった従兄弟も、最近先生について絵を始めたと言っていた。
手先を使い、感覚を刺激する点で絵を描くことは、アンチエイジングの強力な武器の一つと考えられている。
“あなたも始めたらどう”と配偶者にけしかけられて悩んでいる。

最近読んだ安野光雅の「絵のある生活」という岩波新書にこんなような一節があったように思う。
アマチュアは好きなように描けばいいのです。デッサン力などにこだわることはありません。今は何でもありの時代で、プロが素人っぽく描いたりするが、あれはワザとらしく嫌味です、ま、ピカソならそれも許されるでしょうが。」とアマチュアの特権をけしかけていた。

現役のころ、毎回新入のレジデントに一年間、週一で夜デッサンの指導を受けさせたものである。
デッサン力が目的ではなく、観察力を養うためであった。平たく言えば、いかに自分の目が狂っているか自覚させるためであった。
最後に自画像を描かせたが、これが面白かった。作者の性格がよく出てしまうからである。
ゴッホに似た自画像を描いた男は、その後は手術も生活もゴッホ張りで、周囲を辟易させたものである。
新入医局員の選抜には、面接よりも自画像を描かせた方がよいのではという話にまで発展したのを今思い出す。
[PR]
by n_shioya | 2009-06-24 22:24 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by だんぷ at 2009-06-24 22:55 x
配偶者殿とともに絵画に手を伸ばす
などという計画をお立てになるのはいかがでしょう?
ますます面白いやり取りが期待できそうですが!
Commented by n_shioya at 2009-06-25 21:48
だんぷさん:
その配偶者殿がプロ顔負けなので困ってます。
でも、そんなことにこだわらず、気楽にやりましょう。


<< 僕の死生観 ひざの痛み >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム