ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
日曜日の生き甲斐
今日は朝教会に行き、午後は配偶者のお供で三越へ。そして夜は孫たちと食事。
穏やかな、平凡な日曜日だったが、いま読んでいる「エイジングの理論」の高齢者の生きがいのチャプターによれば、まことにアンチエイジングの一日だったようだ。

まず家族とともに過ごす平安な時間。
多少は孫を喜ばせることができたという達成感と、大げさに言えば社会での立ち位置の確認。平たく言えば、まだ何か役に立つこともあるという認識。
そう、それから配偶者が美容室にいる間に過ごした丸善での2時間。これは僕の趣味の世界であるが、洋書のフロアだけで一日は過ごせる。ま、一種の中毒かもしれないが。
それと忘れてならないのは、朝の教会でのの祈りの時間。

至極当たり前のことだが、最近は社会心理学の分野では、高齢者の心理学、特に老人の為に「生きる意味」についての研究が盛んなようである。
その人の性格、幼児体験、生活環境など様々な要因が働くが、生きがいとは究極「人から必要とされている感じ、たとえ錯覚でも」と、親父を見ての経験から僕が言い続けてきたのも、あながち間違いではなかったようである。
[PR]
by n_shioya | 2009-07-05 23:25 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by 船長 at 2009-07-06 09:31 x
本当に!
特別じゃないこと、特別じゃない時間が穏やかに過ぎること以上の幸せはないでしょうね
ありがたいことです
Commented by n_shioya at 2009-07-06 23:40
船長さん:
これからも穏やかな航海が続きますように。


<< 羊の群れ 昭和30年卒の戦友会 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム