ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
アンチエイジングの小グループディスカッション
秋からスタートさせる予定の公開講座のことで頭を悩ましている。
これまでもアンチエイジングの市民講座的なものはいろいろとかかわってきたが、多くはカリキュラムやプログラムができていて、その中にはめ込まれる形なので、あまり自分で企画をしないでも済んだ。
この辺で、それとは別に、自分の言いたいことを網羅し、しかも自分の考えで全体を繋げ、しかも一本筋を通す作業をしてみたくなったのである。

まず、月に一回、6回をワンコースとする。だが、一回だけの参加も可能とする。
コースの呼び名はなんとするかは別に考えるとして、まず全体をどのようなテーマで括るかである。
老年学入門。
75歳で言えること。
団塊の世代へのメッセージ。
などなど考えたが、今僕が一番関心があるのは「みためのアンチエイジング」なので、それに焦点を絞ろうかとも思っている。

次に対象だが、幅広くはしたいがやはり性別、年齢はおおよその絞り込みが必要なようだ。それで時間帯とか、テーマ自身が決まるからである。
30歳から50歳ぐらいの主婦層。そして男性を含む自由業。もちろんどなたでも参加は自由。
時間は平日の午後。
場所はNPO法人の事務局の会議室。広くはないが、元来、10人から15人ぐらいの小グループには適している。

つまりこの小グループが一番の狙いである。
今までのセミナーのように、一方通行でなく、小グループのディスカッションを育てたいのだ。もっと本音を言えば、話し合いの中で、ある程度共通の意識レベルを育て、お互いにアンチエイジングに向けて切磋琢磨できるようなグループ。

具体的なプランは今事務局の方々が練ってくださっている。
“小グループと言っても、2,3人しかではまずいでしょう?”と事務局氏が心配されたが、僕はこう答えた。
“興味のある方ならそれで結構。たとえ一人でも聞いてくださる方があれば喜んで話をさせて頂くというスタンスで、僕はこれまで講演やシンポジュームをお引き受けしてきたので。”

如何なものでしょう?
[PR]
by n_shioya | 2009-07-09 23:04 | アンチエイジング | Comments(4)
Commented by 船長 at 2009-07-10 10:23 x
すごくおもしろいです!
むしろ入り切らなかったら…?などと
思ってしまいました
この件アップデート楽しみです
Commented by n_shioya at 2009-07-10 22:42
船長さん:
ご期待を裏切らぬよう頑張ります。
Commented at 2009-07-14 19:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2009-07-14 22:31
REIKO さん:
ご苦労様でした。
お聞きしたかったですね。
秋にはぜひどうぞ。


<< 冬の旅 結婚記念日 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム