ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
人生の歩み方
山頂のゴミの山の為に富士山が世界遺産になり損ねたという。
悲しいことである。
昔から、“登らない馬鹿、二度登る馬鹿”と言われてきたが、小学5年生で登頂を果たした僕は、今更馬鹿になるつもりはないが。

頂上から拝む日の出、いわゆる「御来光は」子供の目にも神々しかったが、それ以上に後々まで役に立ったレッスンを、僕は強力(ゴウリキ)から教えられた。強力とは今でいうガイドだが、荷物も背負うむしろシェルパのような役でもあった。

“坊ちゃん、私の言うことを守ってくれれば、無事頂上に行けますよ”と強力はいう。
第一は歩き方。カニのように蟹股に開き、岩の根をしっかり踏んで、いわばヤモリのように這いずる感じである。
第二は、これがもっと大切だが、目前の地面だけを見つめ、絶対に上を見ないこと。ひたすら一歩一歩を踏み歩き、何時か気が付いたら頂上が目の前に現れる。もしそうせずに上を見上げてばかりいると、まだか、まだかという思いで疲れてしまうという。

この強力の戒めを忠実に守り、先を急いで我々を追い越して行った大人たちが、七合目を過ぎるあたりで次々に高山病で倒れるのをしり目に、われわれは無事頂上に達した。

この“先を仰ぎ見ず、現在を着実にこなす習慣”を身につけたことは、本当にその後の僕の人生を楽にしてくれた。
たとえば受験戦争のさなかでも、全く結果を思いわずらうことなく、ただ毎日の勉学に没頭することができたのは本当に幸せだった。

そして今、人生の8合目近くに達して、そろそろ先が気になる年になっても、今更残り人生を数えることもなく、ただ毎日を着実に歩み続け、ある時突然目の前に終着点が開け、どこからともなくおごそかな声が「Your job, well done、よくやった」と響いてくるのを期待するのは虫のいい話だろうか。
[PR]
by n_shioya | 2009-08-02 22:09 | アンチエイジング | Comments(6)
Commented by 芙蓉 at 2009-08-03 00:52 x
虫のいいお話...いえいえ、とんでもございません。
とっても素晴らしいお話です。
目の前にある道を一歩ずつ、一山一山制覇、...本当にそうですね。
先生の言葉は、いつも心に響きます。それも素直に..。

折りしも今、全英リコー女子オープンのLIVEを見ながら
コメント書いておりますが、
久しぶりに宮里藍ちゃんの眩しい笑顔、目力に触れ、嬉しく思いました。
ここ数年のスランプ、苦悩は相当なものだったでしょうが、
ここ連日の頑張り、本当に素晴らしいです。
彼女もまた目前の地面だけを見つめ、ここまで、
一歩ずつ歩んできたのでしょうね。
本日の先生のエントリーと彼女の姿が何だか妙に重なり、
コメント長々と失礼しました。

先生は、その後ゴルフはいかがでしょう?
膝の具合は、良くなりましたか?
Commented by HOPE at 2009-08-03 01:53 x
またしても反省…
本当に本当に目の前の一歩一歩…ですね
先を思い煩って7合目で脱落、しかも重い高山病…そんな人生にいつなってもおかしくないところだった、大人が見本を示せず脱落する寸前でいて、どうして子供達がついてきましょうか…
猛省して眠ることにしますおやすみなさい
Commented by Doc.K at 2009-08-03 11:34 x
1940年代の小学生児の富士登山、う~むですね。 富士吉田駅近辺から歩いたのでしょうか? とてつもない難行であったことには間違いない。 Step by Step 言うに易し行うに難し、またもや先生に脱帽~~ 私も猛省です、 もう遅いか・・・・・・
Commented by n_shioya at 2009-08-03 23:13
芙蓉さん:
いつもありがとうございます。
藍ちゃんは天晴れですね!
僕の膝は徐々に回復していますが、まだゴルフを開始するまでにはいたってません。
Commented by n_shioya at 2009-08-03 23:13
HOPE さん:
お名前を大事にしてください。
Commented by n_shioya at 2009-08-03 23:17
Doc.Kさん:
大昔の、しかも戦時中のことで記憶は定かでないのですが、富士宮?から登って須走りで降りたような気がします。


<< 我らが生涯の最良の夏 ご機嫌屋のEメール >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム