ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
僕にとっての神様
今日は日曜なので、昼は教会のミサに参列してきた。
正直言って、日曜ごとにミサに行くのはおっくうに感じることが多い。
カトリックの決めと言うこともあるが、やはり何となく気になるし、行けば行ったでよかったと思う。
それに考えてみると、日曜日は教会に行くために設けられた安息日なので、あまり四の五の言うべきでないかもしれぬ。

ならなぜにカトリックになったか?それはまたあらためて『余は如何にしてカトリックになりしか』と言うタイトルで、格調高くブログに記すこととして、今日のところは“僕と神様との癒着関係”をざっくばらんにお話ししたい。

神様は僕にとってはまあ、親父のような存在ですかな。
親父は診療とゴルフに追われ、あまり顔を合わせることがなかったが、神様にはまだ直接お目にかかっていない。
またこれも親父と同じで、直接はあまりうるさいことは言わないが、神様の場合、カトリックでは代理人が結構あれこれ口を出してくる。
どこまでが神様のご意思なのか、代理人の思惑や好みなのか判然としないで困ることも多い。
また、結構やきもち焼きの方のようである。これは一神教の性格上やむを得ないかもしれないが。
それによく信者を見張っておられるようだ。
僕の場合、ちょっと悪いことを考えたりすると、とたんに柱に頭をぶつけたり、足を滑らしたりするので、油断ならない。

僕の場合は幼児洗礼でなく、大人になってからの入信なので、それまでに十分迷い、考え抜いた揚句の自分の決断なので、その後特に反抗期といったものは経験していない。ただ決してほめられた子供とは言えないが。
僕に言わせればフランスの元カトリック信者の唱えた実存主義などは、すねた子供が駄々をこねているようなものだ。

また、日本人がいう無神論ははなはだ甘っちょろいものである。無関心論と言ったほうがよいだろう。
キリスト教国に育つと、子供のころから信仰をすりこまれるため、本当の無神論者となるには大変な覚悟と努力を要するという。まず、既存の神と対決して、それを否定しなければならないからだ。

ところでよく“苦しい時の神頼み”と言うが、僕の経験では困った時にお祈りしても、あまり即効性はないようである。
むしろ僕にとって神様の存在が一番ありがたく思えるのは、なにか幸せに感じた時、感謝をささげる相手がいてくださるということだが、この気持ちはお分かりいただけるだろうか。

はなはだ散漫な記述になってしまったが、親子関係と同じで人それぞれ違いもあり、また、改めて口にするのも面映ゆいことも多々あるので、このあたりでご勘弁いただきたい。
[PR]
by n_shioya | 2009-08-09 23:02 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by HOPE at 2009-08-10 11:46 x
ありがたいと思えることがありがたい・・・すごくわかります
特に超ド級の反抗期を通り過ぎて戻ってきた幼児洗礼の身には・・・。
人に聞かれると、「あまり熱心とは言えないので何も申し上げられないけれど、
一つだけはっきり答えられるのはよりどころたる存在がいて下さることのありがたさです」とだけ
この20年答え続けていますね、思えば・・。
あまり意識して言っていたわけじゃないけれど、そういうことであったかと思い返しました
Commented at 2009-08-10 11:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2009-08-10 23:33
HOPE さん:
アンチエイジングも議論を進めると、いずれはこの問題も避けては通れないと思っています。
Commented by n_shioya at 2009-08-10 23:35
お返事:
楽しみにしています。


<< アンチエイジングカフェのお勧め ハーバード禿鷹スクール >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム