ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
湖水地方
“グッドモーニング、サー”といって、中肉中背の精悍な男が、ロビーのソファーで休んでいる僕に声をかけた。それでも年の頃は60代だろうか。

その男の名前はキースといった。
キース・ベル。
元ロイヤルエアフォースのパイロット。今はスミスアンドネフュー社の要人用のドライバー。
本社のあるヨークからヒースロー空港まで約600キロ。ヨークを出るのが何時になっても、必ず要人の出発便には間に合わすというツワモノである。
その日は「湖水地方」を彼が案内してくれることになっていた。

中学時代、だれでも英語の授業で習うワーヅワースの詩「水仙」に接して以来、ワーヅワース、キーツ等多数のイギリス詩人を育てた「レーク・ディストリクト」は憧れの地だった。
今回、スミスアンドネフュー社の招きで、ヨークの研究所を訪問し、創傷治癒に関する討議に参加したご褒美に、「湖水めぐり」を計らっていただいたのである。

キースは「湖水地方」の生まれである。スタートはまず彼の生誕の地、アンブルサイドから始まった。
そこからワーヅワースの生地、コッカマウス、最もプロダクティヴな時期を過ごしたダブ・コッテージ、終の棲家となったライダル・マウント
更にはラスキンの館、そしてその地方の中心であるケズィック
このへんの順序は後に述べる理由で定かではない。

最後がピーター・ラビットのベアとリックス・ポッターのニア・ソーリー
そこでは、キースが子供時代から可愛がってくれた、モリー・グリーンというおばあさんの家を訪ねた。
その地方独特のスレート造りの、かわいらしい一軒家に住んでいる。もう90歳は越していたと思う。一人住まいだが、身の回りのことはまだ全部自分でやるという。
その日も、ストーブを焚いて、マッフィンを焼き、我々を待っていてくれた。
あれほど素朴だが味のあるマッフィンをその後食べたことがない。

b0084241_10135594.jpgイギリスの田園は哲学者出隆が「英国の曲線」という本で述べたように、高い山はないが、なだらかな起伏が続く。そのアップダウンの激しい、またカーブの連続する山間の道を、キースは自慢のBMWスピットファイア(戦闘機)のように縦横無人に走らせる。最後には僕もくらくらしてしまい、どのような順序でまわったかは定かでない。

ところで今日はニューヨークの孫が二週間の滞在を終え成田から発った。
出発便が遅れたので、ターミナルの本屋で買った雑誌をめくっていると、「湖水地方」の特集が載っていた。
昔を懐かしみながら、掲載された写真で「湖水地方」の一巡を終えるころ、準備の整ったコンティネンタル8便は、ニューヨークへ向け無事A滑走路から飛び立っていった。
b0084241_10141321.jpg

[PR]
by n_shioya | 2009-09-03 23:31 | コーヒーブレーク | Comments(5)
Commented at 2009-09-04 07:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by だんぷ at 2009-09-04 07:45 x
あらまぁ…これまた憧れの地がなんと魅力的に登場してるんでしょう!
ところで、出会った人=普通なら通り過ぎる人と
実に素敵なお付き合いに発展するのは先生の特技ですか?
旅の深みが変わりますよね?
一期一会とは言いますがなかなか…
Commented by n_shioya at 2009-09-04 22:59
だんぷ さん:
キースについては続きをご覧ください。
Commented by jupiter at 2009-09-16 09:29 x
夏の湖水地方は本当に美しい保養地ですね。私も37年前、28歳の頃近くのランカスタ大学院ーに1年間留学していました。1年前と3年前、定年を前にして、追憶の旅を妻とともに楽しんだものです。イギリスのドライブは素敵な旅でした。ポターのリンデスハウ ホテルも花で一杯の心和む環境でした。
Commented by n_shioya at 2009-09-17 09:20
jupiter さん:
ケズィックで見たのですが、夏に一週間ほどのワーズワースの合宿セミナー、ウォーキングを含めた、などがあるそうで、一度参加したいと思ってます。


<< 湖水地方の案内人 女心と秋の空 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム