ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
湖水地方の案内人
湖水地方の案内役のキースは結構な変り者だった。

“今日の旅程をご説明しましょう”と言って、ロビーの椅子に座り込んだ。
“タバコを吸ってもよろしいか?”と聞く。
“もちろん“と僕は答える。
今ほど嫌煙権がのさばっていないころの話だ。
と、やおらクラッチバッグから小さな紙片を取り出した。地図ではない。薄い白い紙である。
次に出てきたのは、タバコの葉だ。紙の上に敷き詰め、くるくると巻いて一本の煙草が出来上がった。
マッチで火をつけ、うまそうに吸い始める。

戦後タバコが払底した時、好きな人はキセル用の煙草の葉を紙で巻いて、自前の煙草を作ったものである。辞書に使われるあの薄い白い紙、インディアン・ペーパーが最適ということで狙われ、何冊の辞書が灰となったことか。

案内中も勝手に写真は撮らせてくれない。
自分の好みのところに来ると車を止め、ここからこの角度でと撮影のご指南がある。
湖水地方で生まれ育った男だ。湖はもちろん、山や川、街並み、草花の一本一本まで知り尽くしている。
被写体は彼に任せることにした。

昼になると“腹の具合は”という。
“そろそろ”
“○○を試してみたいか?庶民の食いものだが”
その○○の名前が思い出せないが、土地の言葉で「昼の軽食」を意味するらしい。
“勿論“と言うと道端の馬小屋のようなところに車を止めた。
なかは薄暗く、カウンターとテーブルが一、二卓。ミレーかゴッホでも描きそうな農民風の男が2,3人ビールを飲みながら。何やら食べている。
出てきたのは、インドのスラム街の道路わきから拾ってきたような、カレー風味の食いものだった。うまくないこともない。

こうして湖水地方を一巡して一日が終わるころは、われわれはすっかり仲良しになってしまった。僕も多少変わっているのかもしれない。

別れ際に彼は、ポケットから一枚の写真を出して見せながら叫んだ。
“いい女だろう、もうすぐ結婚する予定だ。ああ、俺はなんと果報者だろう。”
その女性は何ともユニークないでたちをしていた、メーキャップも含め。ふむ、これがキース好みか。

その後本社の方が訪日されるたびに、キースからよろしくとのメッセージが伝えられた。
ある時“彼の結婚はどうなった?”と聞くと、“それがそのう、彼もちょっと個性が豊かでしょ…”と不得要領な返事が返ってきたままで終わっている。
[PR]
by n_shioya | 2009-09-04 22:58 | コーヒーブレーク | Comments(3)
Commented by だんぷ at 2009-09-05 00:55 x
まぁ…ますます…
感想が出なくなってしまいました
興味深い旅の友はその後どうなさってるのでしょう?
Commented by n_shioya at 2009-09-05 22:58
だんぷ さん:
日本に来て、草食性男子の調教師になってほしいですね。
Commented by だんぷ at 2009-09-06 00:19 x
うひゃひゃ!それは面白いですね!!


<< 「語り」の世界 湖水地方 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム