ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カラヤン広場
b0084241_1012916.jpgANAホテルとサントリーホールの間の広場は、「カラヤン・プラッツ」と呼ばれている。
何時もN饗の定期公演の時は、ホテルのコーヒーショップで軽食を取り、広場を抜けてホールに入る。
N饗の切符でコーヒーショップが一割引きになるのと、コーヒーショップ利用で駐車場のサービスが受けられるからだ。

広場の入り口の壁にはめ込まれた、「Karajan Platz」のプラックを、今日はしばし感慨深く眺めていた。このところ、カラヤンものを立て続けに何冊か読んだところなので。
ま、これほど毀誉褒貶の豊かな指揮者も少ないが、演奏は歯切れがよくて僕はミーハー的に好きである。
初期はともかく晩年はどうもと、くさすのが、プロの方々の習わしのようだが。

今日の演目はベートーベン尽くしだった。
コラリオン序曲
ピアノ協奏曲第4番
交響曲第七番。

指揮はベテランのクリストファー・ホグウッド。
そしてピアノは若手?のベザイディンオート。これがまた素晴らしかった。

フルトヴェングラーが「ベートーベンを頂点として、その後音楽は堕落の一歩をたどった」と極言しているが、その当否は別として、判じもののような現代絵画、カコフォニ―としか言いようのない現代音楽に悩まされる化石人にとっては、ベートーベンのような秩序ある、論理的な音楽を聴くとほっとするのが本音である。
ところでフルトヴェングラーは、「振ると面食らう」と異名をとっていたと言うが、残念ながら我々世代は、生で聴くチャンスには恵まれなかったので、彼の指揮の論理性についてはコメントは控える。

七番を聴くと想い出すのは、20世紀初頭のフランスの男性舞踏手セルジュ・リファールである。
来日公演で七番の二楽章に振りつけて踊ったソロは、曲の旋律に見事に溶け込んで、ギリシャ悲劇をほうふつさせるものがあった。
[PR]
by n_shioya | 2009-09-10 23:12 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by ruhiginoue at 2009-09-11 16:51
 これはFM中継で聴きましたが、好調な感じでした。

 カラヤンは指揮する姿が華麗だったから人気があったけれど、カラヤンと同様に目をつぶって聴くと酷い演奏がすぐ判るとも。
 実はフランスやイタリアの曲のほうが得意だったとも言われていて、自分でも好きだから本気出して演奏するからすばらしいと。
 

 7番の二楽章を聴くと『未来惑星ザルドス』のラストシーンに流れていたのを思い出します。
Commented by 御隠居@横丁 at 2009-09-11 19:05 x
わたしは好きでしたけどね。
でも、好きなのはメンデルスゾーン「イタリア」とか、チャイコフスキー5番とか、弦がきれいに響くものなんですけどね。ああいうのってカラヤンうまく響かすなあって思います。
わたしは先生と逆で、疲れたときにベートーベン聴くとなお疲れます。
ベートーベンのピアノコンチェルトも1・2番が好き……というのもへそ曲がりですかねえ。これ以降の作品は大仰で疲れます。
そういう時には12音です。心が解放されますね。
Commented by n_shioya at 2009-09-11 22:54
ruhiginoueさん:
そもそも識者の役目は?とか指揮者は必要かなどという議論も耳にすることがありますね。
Commented by n_shioya at 2009-09-11 22:56
御隠居@横丁 さん:
さまざまな好みの方がおられるのは楽しいことです。
僕でも誰もが、ダダダダーンと“運命の扉”をたたき始めたらどっと疲れが出るでしょう。


<< シミが消えた! 滝川エステティック学院 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム