ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
敬老の日
敬老の日が来ると思いだす失敗談がある。

親父が亡くなる数年前だったろうか、親父がお世話になっている特養で敬老会があり、われわれも家族として出席した。
最長老の息子ということで、院長からお祝いの挨拶を頼まれた。
型どおりの祝辞を述べた後、ついいつもの癖で本音が出て「でもまあ、長寿もいいけど、人間80まで生きればもう充分じゃないですかね。」とやってしまった。
一瞬、座はシンとなり、院長は渋い顔をしている。
改めて見渡すと、ほとんどが80以上の顔をされている。
そのあとどう取り繕ったか覚えていないが、あとで配偶者からこっぴどく訓戒を受けたことは確かである。

何度か書いたように、僕は本音としてこの先特に長生きをしたいとは思わない。
この12月で78歳。もういつ逝っても悔いはない。
勿論健康長寿が保証されるなら、そしてコロリが可能なら、そしてまた、年金が今の三倍ほどもらえるなら、長生きも悪いくはないが、もう「地獄」は見たくない。
悪化する世界経済、核の脅威、中国の覇権主義。不安な材料が満ち溢れている。
戦争が人を野獣に変える経験はもう沢山である。
民主党さん、しっかりおねがしますよ。

ちなみにそれ以来、親父が逝ってしまうまで、特養の院長から二度と挨拶を頼まれることはなかった。
[PR]
by n_shioya | 2009-09-20 23:48 | アンチエイジング | Comments(14)
Commented by ruhiginoue at 2009-09-21 05:34
 歳とると自分が達観してると勘違いして人を傷つけるようです。例えば「空腹なら何食べても美味い」は真実だけど、それは贅沢を戒めて言うことで、せっかくごちそうしてくれた人に言うのは失礼ですし、「人は必ず死ぬ」も真実だけど、お通夜でみんなが悲しんでいるところで言うのは非常識です。でも老人はよく言ってしまうものです。
 都立松沢病院では、身体障害により人生が狂った人が精神を病み多く通っていますが、どうせ太くは生きられないのだから細く長く生きるしかなので、最低でも百歳は生きたいという人が大勢います。
 中には、無茶苦茶な手術でこんな身体にした医者(形成外科医も多く含まれてます)が生きているうちは絶対に死なない。モルヒネを使いながらでも脳死状態になっても生き続けてやるという人も大勢います。
 米大統領が核廃絶を口にしたり、ベトナム戦争の虐殺事件で止めに入った米兵が正式に軍から表彰を受け、事件を起こした中心の元兵士が罪の意識を持ち続けたと公式に告白するなど、かつてからは信じられないこともあり、世の中は良くなっています。
 安易に長寿を否定するのは、むしろ苦労しないですんだ恵まれた人だと思います。
Commented by そういえば at 2009-09-21 06:33 x
私の場合、子どもが知恵遅れを伴う自閉症なので、一日でも長く健康に生きなければと思い必死で生きております。

先生が長寿を否定するお気持ちは、わからないわけではありませんが。
Commented by ふくだ at 2009-09-21 08:12 x
私の父も先生と同じ年、ようやく今年になって仕事から解放され自由な時間ができたようです。子供からしてみれば、親に地獄を味わって欲しくはありませんが、今まで苦労した分も、健康に長生きして欲しいものです。塩谷先生は父よりはるかに見た目も行動力も思考力もお若いですから、まだまだそんなことおっしゃらずに・・・
Commented by 御隠居@横町 at 2009-09-21 09:13 x
かつて中曽根首相が医療施設を訪問して、
「病は気から」
「日本人は優秀な民族なんだ」
と、例によって元気のいい励まししようとしたら、中に(どう見ても気からとはいえない)原爆症の人もいた、さらに韓国籍の人もいた、ということで論議を呼びましたね。
悪気がないのは明白ですが、むずかしいところです。
Commented by tama at 2009-09-21 20:51 x
そうですね。何歳になっても1分1秒でも長生きしたいのが人間(凡人)だと思います。医師はそれをよく理解して診療に当たる必要がありますね。
奇麗事は奇麗事、本音は本音。
Commented by さぼてんの花 at 2009-09-21 21:57 x
先生の「お一人ごと」 よーくわかります

発する側と受け止める側の差は計り知れませんね



Commented by icelandia at 2009-09-21 22:33
 四十代に入った直後に緊急手術をしないと命の保証はないと言われたことがあります。これ幸いとばかり、手術はしないでほしいと即答しました。生にしがみつく気持ちは私には理解不能です。長生きしたい、したくないの解釈は人それぞれでよろしいのではないでしょうか。
 ただ、公に発言する場合はpolitically correctを心がけた方が無難ですね。物事を平和・穏便に保つルールだと思えば、それなりに納得がいくのではないでしょうか。
 先人の功績を敬うという意味での敬老の精神は大切だと思っています。
Commented by n_shioya at 2009-09-21 22:39
ruhiginoueさん:
おっしゃることはよくわかります。
Commented by n_shioya at 2009-09-21 22:42
そういえばさん:
大変な経験をされておられるのですね。
お二人のためにお祈りをさせてください。
Commented by n_shioya at 2009-09-21 22:43
ふくだ さん:
父上が手にされた自由な時間が充実したものになるように祈ってます。
Commented by n_shioya at 2009-09-21 22:45
御隠居@横町さん:
そういえば中曽根さんはいろいろ問題発言をされましたね。
Commented by n_shioya at 2009-09-21 22:51
tama さん:
コメントありがとうございます。
価値観は人さまざまなものがあります。
また、人はその時にならないと、どう感ずるか予測しがたいものがあります。
それやこれやで、あくまで患者の意思を尊重するのが医師の務めですが、その判断に悩むことも多々あります。
Commented by n_shioya at 2009-09-21 22:52
さぼてんの花さん:
おっしゃる通りです。
Commented by n_shioya at 2009-09-21 22:56
icelandiaさん:
価値観の多様性、自分に素直なこと、社会通念の尊重。
まったく仰せのとおりです。


<< 高齢者の生きがい ペニンシュラ東京・ピーターの期... >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム