ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カロリー・リストリクション
カロリー・リストリクション、略してCR
腹八分目よりちょっと我慢して、七分ぐらいにすると長生きするという新説である。

そもそもはネズミの実験で、餌を三割カットすると寿命が三割伸びるというデータから言われ始め、人間にも当てはまるのでは、という議論である。
それを支える研究として、飢餓状態に置かれると、長寿の遺伝子のスウィッチがオンになるというものもある。
ただネズミの場合は、正常の状態では食べ放題ということがないので、飽食が寿命を縮めたにすぎないという考えもある。

ただ、日野原先生を例に挙げるまでもなく、長寿の方は粗食のことが多いようだ。粗食と言っても量は少ないが、玄米菜食のように質に支えられてはいるが。
有名なのはオールド・パーである。

あの田中角栄が愛飲したウィスキーのラベルの男だが、15世紀のイギリスに生まれた伝説の人物である。152歳まで生きたとされるが、その秘訣は粗食にあったという。
・・・80歳で結婚し二児を設け、100歳過ぎて婦女暴行罪で訴えられ、細君が病死した後、120歳で再婚した・・・と、ウェストミンスター寺院の墓碑銘には、まことしやかに書かれている。
田中角栄氏も、この華麗な女性遍歴にあやかりたかったのだろうか。

カロリー・リストリクション
が本当なら、僕は一つ提案がある。
アンチエイジングの為に、カロリーを三割我慢して浮いたお金をしかるべきファンドに寄付し、発展途上国の栄養失調で苦しむ子供たちへの援助に充ててもらう。
一石二鳥の名案ではと、さる高名な抗加齢学者に持ちかけたら、駄目ですよと一蹴されてしまった。
量を減らしても「自然食」という質にはこだわらねばならぬ。それがかえって金がかかるんですな、という言い分だった。

でもそれってなんかおかしいんじゃない?
アンチエイジングが普及するためには、アフォーダブルでなければ、金持ちのお遊びになってしまう。
採算性は無視できないにしても、あまり企業に踊らされることなく、もっと地道にライフスタイルの改善を計らなきゃ。
[PR]
by n_shioya | 2009-09-23 21:12 | 食生活 | Comments(8)
Commented by jupiter at 2009-09-23 23:21 x
腹八分はそのとおりだと思います。私の父と母(106歳と99歳)は朝庭の野菜を皿一杯にサラダで。昼は麺か軽く、夜ビールとご飯一膳と3品程度の粗食。私も最近は量が減りました。ともかく腹一杯はだめでしょう。
それと適度の運動と規則正しい生活、そして何か毎日やることを作ることでしょうか。生きがいのある事が大事なのでしょうね。生きがい探しが目下の課題です。
Commented by ミカロ at 2009-09-24 00:11 x
カロリスっていったいなんでしょうか?粗食と謳いながら、実はお金がかかるというむき。まさに金持ちの流行に思えてしかたがない…。飽食な世界にいる人間の傲慢にも感じられ、実は腹立たしさを覚えてしまうのは、私だけではないのですね。
Commented by 船長 at 2009-09-24 08:35 x
確かに!
減らした分を必要な人々の為に役立てられればどれだけ価値ある試みか…
フェアトレードも有り得ないところから始まっていることですし、何かできないものか考えてしまいます
Commented by ny at 2009-09-24 08:49 x
アンチエイジングを寄付する発想ナルホドと感心しました。
アフォーダブルと健康を両立することに農業の意義がありそうですね。
Commented by n_shioya at 2009-09-24 22:23
jupiter さん:
アンチエイジングの九割はバランスのとれた食事と適度な運動であることは間違いありません。
問題はそうして得た健康長寿を何に使うか、これがこれからの最大の課題です。
Commented by n_shioya at 2009-09-24 22:25
ミカロ さん:
つまるところは良識を保つ努力ことですね。
だが、これが意外と難しい。
Commented by n_shioya at 2009-09-24 22:28
ny さん:
僕の思いつきにご賛同いただきありがたく思います。
なるほど。健康の基本は食にあり、その食を支えるのは農業となると、運動も兼ねてアンチエイジングに農業を取り入れるは、非常に合理的ですね。
Commented by n_shioya at 2009-09-24 22:29
船長さん:
何か具体的な運動に持ってけないですかね。


<< 医の倫理と企業の論理 マクロビオティック またの名は... >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム