ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
自然の恵みーアロマテラピー
b0084241_10434768.jpg

スクリーン一杯に、薄紫のラベンダー畑が映し出され、「メディカル・アロマテラピー」の講義は始まった。
講師はトゥールーズから飛んできたピエール・ランベール氏。
南仏は香料やアロマのメッカである。

僕は「アロマテラピー」を、香りをかがせてリラクゼーションを与える手段だと取り違えていたことが分かった。
それは厳密には「アロマコロジー」と呼ぶべきで、精油を体に塗ったり服用したりするのが「アロマテラピー」であり、両方とも「フィトテラピィー(植物療法)「と呼ばれる、いわゆる「代替療法」の手法の一つに含まれるものである。
その精油の主な原材料がラベンダーだそうだ。

精油の原料にはまだたくさんの植物があるが、メディカル・アロマテラピーは、精油の効能に詳しい医師が、各人の体質や病状に応じた処方箋に基づいて、専門の薬剤師が各種の精油を調合するシステムにフランスではなっているそうだ。

其々の精油の成分の分析も進んでいるようだが、その中のある成分だけを抽出して、薬剤のように使うのではなく、天然配合のまま使用することに意味があるのではないかという気がした。

今の僕の発疹が、薬疹と決まったわけではないが、西洋の薬は切れはよいが副作用も抱き合わせだということを実感すると、こういう自然療法は如何にも生体に優しそうな感じを受ける。

日仏会館の講堂のスクリーンに映し出された、あの南仏の草原に広がる薄紫の絨毯を思い浮かべると、それだけで心が穏やかになってくるのだから、今宵そのラベンダーの精油を数滴バスタブに垂らせば、トゥールーズ自慢のアロマテラピーの効果を満喫できるのではと期待している。
[PR]
by n_shioya | 2009-10-12 20:55 | アンチエイジング | Comments(7)
Commented by HOPE at 2009-10-12 21:48 x
実に興味深い講座でしたね
日本がシステム化して取り入れるには
かなり沢山のハードルがあるでしょうが、
乗り越える価値十分と思う内容と感じました
個人的にはフランスからわざわざ足を運んで下さったランベール氏が
日本をどのように感じられたか興味ありますね
多くの人が奥の深さまで理解できると感じて頂けたかどうか…
Commented by ruhiginoue at 2009-10-13 21:28
 この世界不況のなかで「癒し」系のサービス業は活況で、その一つがアロマということですね。店が潰れて後のテナントがアロマだったりします。
 でも、今はちょうどキンモクセイが香る季節だけど、それを子供が「あ、便所のニオイがする」と言うことがあるように、化学物質のまがい物もいっぱいです。
Commented by n_shioya at 2009-10-13 23:27
HOPE さん:
香水文化を根付かせる前に、まずアロマテラピーですね。
Commented by n_shioya at 2009-10-13 23:29
ruhiginoueさん:
僕は中華のとき、キンモクセイのクラッシュド・アイスを好んで飲みますが、便所の匂いだとは知りませんでした。
Commented by ふくだ at 2009-10-14 17:30 x
先生またお会いできてうれしかったです。私も日本でのアロマの普及をランベール氏がどう感じたか興味があります。もっと予防医学の面でフランスの実情などお話をききたかったのですが。フランス語はラベンダーのごとく心地よかったですよ。
Commented by n_shioya at 2009-10-14 23:05
ふくだ さん:
ランベール氏の話はよかったですね。
正直、後の対談の代わりにもっと彼の話を聞きたかったと、配偶者も申しておりました。
Commented at 2009-12-10 23:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ガラ・ディナー 「永久に美しく」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム