ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ガラ・ディナー
先週の「アジア太平洋会議」の最終日の夜はガラ・ディナーだった。
ガラ・ディナーとは最近よく耳にするが、要はお祭り騒ぎのディナー・パーティである。
学問漬の数日間のストレスを、一気に発散させようという知恵であり、最近の学会の習慣である。
そのため、主催者側は学会のプログラム以上に、いかにイベントを盛り上げるか、知恵を絞る。
b0084241_9455433.jpg

通常は鏡割りに始まり、飲み且つ食らい、腹の虫も収まったところで、エンターテイメントが始まる。
今回は外国のお客を意識して、神楽坂のきれいどころが日本舞踊を披露した。
神楽坂は野崎会長のシマである。それにしても今時よくここまでそろえることができたものと、皆、その凄腕に感心した。
b0084241_9453523.jpg

ちなみに最近はビュッフェスタイルの食事が多い。
その一番の理由は、席次で頭を悩ますことがないからだ。
また、招かれる方も、ビュッフェずれして、乾杯が終わるとさっと寿司カウンターに列ができる。それに劣らず人気があるのがローストビーフのワゴンだ。
前菜などで時間を浪費していると、お目当てのブツが消えてしまうからだ。

僕などは乾杯の前のスピーチの時から、すしの屋台の前に陣取って、乾杯の発声が終わるときには、最前列にいるようにする。
ローストビーフはそれからでいい。
勿論肉は魚の後と言うこともあるが、僕は生焼けが好きだ。
ローストビーフは端から切りだしていくので、例え列が長くなっていても、ちょっと時間がたった時の方が、真ん中辺のジューシーな肉片にありつける。

あとは適当に好みのものをつまんでから、デザートを探す。デザートは付いてないこともあるし、どういうわけか僕の好物のチョコレート系はあまりお目にかかれない。
そんな時は、中途で失礼して、ホテル内のコーヒーショップで、ガトー・ショコラか、チョコレート・サンディーを注文して、孤独を楽し見ながら、パーティ疲れを癒すことにしている。

これが最もビュッフェずれした男の告白である。
[PR]
by n_shioya | 2009-10-13 23:24 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by valkyries at 2009-10-14 09:08 x
先生、同じくビュッフェ・パーティーずれした私からのマル秘テクニック。

寿司の列に並んだら寿司を二人分をゲットしましょう。もちろん全部自分で食べるのではなく、一皿目は自分の為に、二皿目はなかなか寿司の列に加われない、日頃から気になっている異性に渡してあげるのです。
魅力的な人物はパーティでも花形なので、食事を取ることが出来ません。だからこれだけでその異性からの評価が大きく変わりますよ。
いち早く寿司の列に加わった後ろめたさも解消され、堂々と寿司を食べることもできる、まさに一石二鳥の効果があると言えるでしょう
Commented by 芙蓉 at 2009-10-14 19:52 x
学会お疲れ様でした。
先日、久しぶりに神楽坂を訪れたのですが、木々も秋の色
石畳や品のある店構え、秋風に揺れるのれん、
あそこも、ここも、風情がありました。

先生のビュッフェスタイル、いいですね~!
その余裕があるところが、また素敵です。
最後のデザート、孤独を楽しみながら、独りガトー・ショコラ、
嗚呼、唸ります....♪。チョコで疲れもとれたことでしょうね!
Commented by n_shioya at 2009-10-14 22:55
valkyrieさん:
ビュッフェ攻略の裏ワザ、ありがとうございます。
シグニフィカント・アザーに活用させていただきます、スパウスにはもったいないので。
Commented by n_shioya at 2009-10-14 22:58
芙蓉さん:
神楽坂はいいですね。
昔ながらの風情の和食の店だけでなく、しゃれたビストロなど、東京で最も魅力的な小路になってきましたね。


<< アンチエイジング・カフェ第二回 自然の恵みーアロマテラピー >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム