ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
“それにつけても金のほしさよ”
最近はどうか、昔は和歌の下の句を出して、それにあった上の句をつけさせる遊びがあった。

遊びだけでなく、それで命拾いした武士がいたということは講談にも出てくる。
“衣のたてはほころびにけり!”と追い詰めた義家に対し、貞任が“年を経し糸の乱れの苦しさに”と歌い返したので、義家が見逃したという話である。

すると、どんな上の句をつけても、違和感のないいわば万能の下の句があるということを教えてくれた人がいる。
それは“それにつけても金の欲しさよ”である。

たとえば百人一首の9番小野小町は
“花の色は移りにけりないたずらに それにつけても金の欲しさよ”
と言うわけだ。
今問題になっている民主党のマニフェストなど、どれを上の句にしてもピッタシコンコンで参ってしまう。
まあ面白いからご自分でもいろいろ試してごらんください。

唯一つ、そぐわないというより冒涜ともいえる組み合わせに出会った。
それは西行の辞世である。
“願わくば花のもとにて春死なん それにつけても金の欲しさよ”。これでは、パロディーにもなりませんな。
[PR]
by n_shioya | 2009-10-18 21:49 | コーヒーブレーク | Comments(3)
Commented by ruhiginoue at 2009-10-18 23:52
「姥桜、買われず飛び込む 水の音 それにつけても金の欲しさよ」
というのも過去にありました。
売れ残りのオールドミスが入水自殺した。美容外科かアンチエイジングの費用があれば、悲劇が防止できたかもなあ、という意味らしいです。
Commented at 2009-10-19 08:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2009-10-19 22:31
ruhiginoueさん:
お見事です。
ぜひこれからも傑作の数々を。


<< 頑張れ、民主党! チャーミングスクエア芦屋 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム