ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
メイン・ロブスター
アメリカンステーキを称えて、メイン・ロブスターに触れないのは片手落ちというものだろう。
僕はメインに行ったことはないが、毎夏、ボストン近郊の避暑地、ケープコッドであの大柄なメイン・ロブスターを楽しんできた。

あの可愛らしいがしみったれた中身の伊勢海老とは種類からして違う。
フランス料理のオマールエビは同類だと思うが、体格に親子の差がある。
一番小さな奴でも、僕ら日本人には一人では食べきれないほどだ。
最もうまい食べ方は?
勿論ただボイルして、溶かしたバターソースでむさぼり食べる。
シャルドネをあおりながら。

b0084241_2315061.gif

ボストン人にはシーフードならリーガルというのが定番のようだが、僕のお気に入りは、波止場に突き出たアントニー・ピア4だった。
シーフードの老舗で人気ナンバーワンだが、予約を取らない。大統領でも並んでもらうというのがアントニー親父の自慢だった。
ボストンで開かれた創傷治癒の学会のさい、そこを借り切って世界中の関係者を招待してくれたのが、当時の第一製薬だった。大したものだった。

オイスターの専門店ではハーフシェルというのがあったが、今もあるだろうか。
バケツのような入れ物でどさっと運ばれてくる生ガキは食べ放題。
生ガキの食べ放題といえばパリのエコール・ノルマールの近くにも専門店があった。連れてってくれたのは、毛根再生の研究の大家バランドンだった。

所でリーガル・シーフードはその後チェーン店として発展し、数年前はボルチモアでも見かけ、皆で入った覚えがある。
僕の定番は、まず生ガキ、そしてクラムチャウダー。そこですぐロブスターに行くわけにはいかない。リーガルの名物はクラブ・ケーキである。其れをアペタイザーとしてシェアし、いよいよ本番のロブスターへ。
〆はやはりチーズケーキチョコレートケーキである。
その頃はもう、体中の血管がコレステロールで詰まっても悔いはない気分になっている。

最近節制?しているつもりでもコレステロール値が下がらないのは、やはりあの頃の付けが来ているのだろうか。
[PR]
by n_shioya | 2009-11-16 22:32 | 食生活 | Comments(9)
Commented by icelandia at 2009-11-16 23:34
何とも罪作りな話題が続きますね。私はフワフワのマッシュポテトが好きですが、ベークドも好きです。皮がカリっと焼けたやつで、サワークリームとバターの両方&チャイブで。
ちょうど生牡蠣もおいしくなってきたし、そうだ、上海ガニの季節でもありますね。中華街の魚屋で買ってこなくちゃ。アイスランドの甘エビは現地で食べるとすごーくフカフカでおいしいし、現地で言うロブスターは手長海老ですが、これも大好物です。ワインは辛口で。
 誰も私の好みを尋ねている訳ではありませんが、この際みなさま、季節の好物を挙げていけば、ここがダイエットに最悪のコメント欄になること間違いなしです。
Commented by n_shioya at 2009-11-16 23:58
icelandiaさん:
そうサワークリームでした、クリームチーズではなく。
Commented by だんぷ at 2009-11-17 09:24 x
ダメです…ヨ、ヨダレが…
あーぁ…リアルすぎます
食べたいなぁ
「悔いはない気分」とてもよくわかります
これから季節は要注意だというのにすっかりタガがはずれてしまいました
Commented by Ken at 2009-11-17 15:27 x
BostonからCapecodeに行く街道筋で私もデカクて美味いロブスター食べました。42年前の出来事です。Provincetownに向かう道路は3車線で、真ん中の車線は、上がりも下りも相互使用の追い越し車線でしたね。 Provincetownが懐かしく、youtubeで今の街を見てしまいました。 様変わり、う~ん・・・ あのころは確か芸術家の街だったのでは、、、、、
Commented by n_shioya at 2009-11-17 22:22
icelandiaさん:
食い物の話となると、コメントも活気づいてくるのはうれしい限りです。
これからも折に触れ、食い物談義をやりましょう。
Commented by valkyries at 2009-11-17 22:22 x
icelandia さんのご提案に従ってコメントを。
私のこの季節の好物はカキ、それもカキフライというダイエットに最悪の代物です。貝類は少々火を通すべしが私の持論ですが、揚げたてにちょっとレモンを絞って、ウスターソースをほんの少しだけタルタルソースに混ぜていただきます。
これでしたら若い頃は30ケはいけました。
東海岸は日本みたいに“R"の月でなくても、1年中カキが食べられるのが嬉しいですね。
Commented by n_shioya at 2009-11-17 22:23
だんぷ さん:
なかなかインパクトあるフォトでしょう。
プロのカメラマンに頼みました。
Commented by n_shioya at 2009-11-17 22:26
Ken さん:
ケープ・コッドの真ん中を走るミッド・ケープ ハイウエイを飛ばす爽快さ。
とくにその先にロブスターが待っていると思うと。
ところで僕はプロビンスタウンがゲイのたまりとは迂闊にも知らずにいました。
Commented by n_shioya at 2009-11-17 22:28
valkyries さん:
昔北里大学には帝国ホテルのレストランが入っており、ぼくは日の大半をそこで過ごしましたが、シーズン中はメニューになくても、いつも僕のためにカキフライを用意してくれてました。


<< ガラスの森 オージー・ビーフ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム