ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
クリスマス・プレゼント
あと4日でクリスマスというのに街はあまりその賑わいがない。
不景気ということもあるが、やはりクリスマスは、キリストと無縁なわが国のライフスタイルに定着し損ねた感がある。

僕にはクリスマスが来るたびに思いだす気まずい経験がある。
大学の頃、あるクリスマス・イヴに仲の良い友人が自分の家に何人かの仲間を夕食に招いてくれた。
中学の頃両親を軽井沢の自動車事故で亡くしたが、代々の資産家で六本木の洋館に住み、しっかり弟妹の面倒を見てきた偉い奴である。
生活も洋風だった。

食事の後、彼はクリスマスプレゼントだと言って、それぞれにそのころは貴重品だった靴下を手渡し始めた。
アメリカ製のウールのしゃれたデザインの靴下だった。
僕の番になった時、自分でも意外なことを口走ってしまった。
“クリスチャンじゃないし、ちょっとしっくりこないので、せっかくだけど遠慮しとく。”
何もほかにバッティングする信仰があったわけでない。その瞬間までこだわりも感じてなかったのに、口が勝手に動いてしまったのである、なにかに操られたように。
その場の空気を壊したことに間違いないが、それすら気がつかぬほど、言葉が自然に出てしまったとしか言いようがない。
数年後、米国で洗礼を受け、カトリックになったが、当時は良くも悪くも、キリスト教とは無縁だったのに何故だったろう。今でも解せない。

社会人になってからも、無意識な発言で人を傷つけたに違いないことが、自覚してる限りでも何回かある。

その一つは、さる高名な女性科学者の講演の後だった。
司会の方に“ではどうぞどなたでもご自由に御発言を”とうながされ、またやってしまった。
“今日のお話はまるで餡子のない最中(もなか)を食わされたような感じで。”
と言ったのである。
まずいことに、その後別の男が、“いや、私もそう感じました。”と追随してくれた。

確かに、物言いが大げさな割には中身がなかったが、それを意識したわけでなく、勿論揶揄する気は全くなかった。唯が素直に動いてしまったのである。
日本で有数の女性科学者の顔色がどう変わったかも気づかなかった。

魔が差すというのはこういうことだろうか?
[PR]
by n_shioya | 2009-12-21 23:00 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by 船長 at 2009-12-22 01:14 x
魔がさすというよりまるで何かが降りて来てしまう瞬間のようですね

なぜかそういうことってありますよね
スローモーションのように蘇る記憶が…
Commented by n_shioya at 2009-12-22 23:14
船長さん:
自分の意志ではないとすると何でしょうね?


<< 足あと そうだドイツへ行こう >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム