ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
足あと
ここ数年、親しい友を何人か失った。
その多くが癌である。
昨日は配偶者の中学時代の親友を一緒に見舞ってきた。
僕も昔から親しくしてきた友である。
咽頭がんで、転移もあるという。げっそりと痩せ、抗がん剤で体も弱っていた。
その帰路、
“彼女にこのカードを渡したの”と、教会で買ったカードを配偶者からみせられた。
そこには、M・パワーズという女性の「足あと」という詩が書かれていた。

『 足あと

 ある夜 わたしは 夢を見た
   神さまと二人並んで わたしは砂浜を歩いていた
   ・・・・・
 砂の上に 二組の足あとが見えていた
   一つは 神さまの そして一つは わたしのだった
      ・・・・・・・
     しかし最後に
     わたしが振り返って見たとき
     ところ どころで足あとが 一組だけしか
     見えなかった
      ・・・・・・・
     「わたしの愛する子どもよ
     わたしは けっして お前のそばを
     離れたことはない お前が もっとも
     苦しんでいたとき 砂の上に 一組の
     足あとしかなかったのは
     わたしが お前を抱いていたからなんだよ」』

僕は思わず自分の後ろを振り向いた。
するとそこにはずっと後ろまで、ひと組の足あとが続いていた。そして、ところどころに二組の足跡があった、詩の場合とは反対に。
「そういうことでしたか、」僕は改めて神さまに感謝した。

この美しい詩が友人になんらかの慰めを与えてくれたことを祈る。
そしてここにその原詩の全文を付け加えておく。

FOOTPRINTS

     One night I dreamed a dream.
     I was walking along the beach with my Lord.
     Across the dark sky flashed scenes from my life.
     For each scene, I noticed two sets of footprints in the sand,
     one belonging to me
     and one to my Lord.

     When the last scene of my life shot before me
     I looked back at the footprints in the sand.
     There was only one set of footprints.
     I realized that this was at the lowest and saddest times in my life.

     This always bothered me and I questioned the Lord about my dilemma.
     "Lord, you told me when I decided to follow You,
     You would walk and talk with me all the way.
     But I'm aware that during the most troublesome times of my life
     there is only one set of footprints.
     I just don't understand why, when I needed You most,
     You leave me."

     He whispered, "My precious child,
     I love you and will never leave you
     never, ever, during your trials and testings.
     When you saw only one set of footprints
     it was then that I carried you."

                  by Margaret Fishback Powers
[PR]
by n_shioya | 2009-12-22 23:19 | コーヒーブレーク | Comments(14)
Commented by 船長 at 2009-12-22 23:35 x
そういうことでしたか…
長きにわたり離れていたと思っていましたが、抱かれていたのだとは…
生まれてきたことを二度と苦しむことなく、この世に生をうけたことに感謝し
役目を見つめながら生きていこうと思います
Commented by アヤメ at 2009-12-23 01:47 x
今 シアトルは朝の8時です。空は暗く雨です。もうすぐ雪が降るかもしれません。今日のブログで 私は泣きました。クリスマスも感じれないほどDissertationとOral Examの勉強です。夜中 独りで勉強してても 独りじゃないんだ...って メリークリスマス
Commented by あやめです at 2009-12-23 03:33 x
先の投稿をした後 反省しました。私の孤独はたいしたものではないのです。病の床にある人、戦争や餓えの中にいる人を思ったら そういう人にJesusが先に働いて欲しいナって...昨日 貧しい街の教会のゴスペルを聞きに言った時 「冷蔵庫に食べ物が入ってることを感謝しよう」と牧師さんが話していました。私の家の冷蔵庫には 食べ物がたくさんあります...
Commented at 2009-12-23 11:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by icelandia at 2009-12-23 16:57
信者ではありませんが、心に染みる詩ですね。
Commented by さぼてんの花 at 2009-12-23 18:49 x
「足あと」 プリントしました そして亡き母を思いました

先生 ありがとうございます
Commented by n_shioya at 2009-12-23 23:49
船長さん:
苦しい時はこの詩を思い出してください。
Commented by n_shioya at 2009-12-23 23:51
アヤメさん:
ヘッセのイリスのように、心の音楽を大切にしてください。
Commented by n_shioya at 2009-12-23 23:52
ハドソン さん:
この詩の神様は、日本人の神様にとても近い存在ではないでしょうか。
Commented by n_shioya at 2009-12-23 23:56
icelandiaさん:
自分にとって大事なのは、その人が“詩人”かどうかということである、とシャガールは言ってました。
もちろん彼の言っている詩とは、文字による表現手段に限りませんが。
つまり詩魂とでも言うべきでしょうか。
Commented by n_shioya at 2009-12-23 23:57
さぼてんの花さん:
共感してくださる方が増えることをうれしく思います。
Commented by 御隠居@横町 at 2009-12-24 22:16 x
感激に水を差すようで申し訳ありません。
この詩、知ってますが、こうだったっけ?
と思って、調べると、名前のリンク先のように複雑な事情で、バージョンがいくつもあり、複数の作者が著作権を主張しているようです。
Commented by n_shioya at 2009-12-26 23:24
御隠居@横町さん:
貴重なコメントありがとうございます。
僕も気になり調べてみましたが、謎は深まるばかりです。
神様も抱かねばならぬ人が増えてお困りでしょうね。
Commented by Occaniaslanda at 2011-07-19 02:09 x
hello !!!!! I’m still waiting for some interesting thoughts from your side in your next post.


<< 箱根日和 クリスマス・プレゼント >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム