ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
箱根日和
今朝起きると、雲一点ない師走の快晴だった。
箱根日和だな”と思わず叫ぶと、そこは心得たもので、配偶者はすでに厚めのコートに身を固め、気がついた時は僕もハンドルを握って、東名へ車を走らせていた。

b0084241_7422261.gif

小学生の頃、夏を箱根で過ごした縁で、箱根は僕にとって最も近しいリゾートである。いや感じから言えば、我が家の庭の延長だ。
長期ステイに使っていた小塚山の貸別荘は、今ポーラ美術館のあるあたりだが、日帰りや一泊には富士屋ホテルが、我が家にとって定宿のようなものだった。
当時は温泉宿に限らず、宿といえば日本旅館が主流で、まだホテルは帝国ホテル、金谷ホテル、横浜のニューグランドそしてその富士屋ホテルなど数えるほどしかなかった。これらは戦前の暗雲立ち込める軍国日本で、唯一自由な異国情緒を味わえる別世界だった。

戦後は長期間にわたり、富士屋ホテルは進駐軍将校の専用の施設となる。
富士屋ホテルについては、まだまだ書きたいことがあるが、一冊の本になってしまうのでここで終える。
事実、単行本も出版されているので興味のある方はお読みください。

山のホテル」は僕の大学時代に出来た覚えがある。

b0084241_7441711.gif「<そのころは木造りの簡素なホテルで、ワカサギのフライを売りにしていたと思う。
今は、五月のつつじが名物の立派なホテルに生まれ変わった。
同じ経営で、芦の湖沿いの道を隔てて、僕の気に入りのカフェがある。
今日もまず、ターンパイクから元箱根に入り、箱根権現をバイパスして、まずカフェに入り、遅めのランチに人気のビーフシチュウを摂った。

そこから湖尻へ向け車を走らせ、時間の都合で本来なら必ず立ち寄るフレンチレストラン、オーベルジュ・オー・ミラドーを横目に、仙石原へ抜ける。
ちなみに今の僕にとって、オー・ミラドーは箱根の最大のチャーム・ポイントである。
以前、日本熱傷学会を箱根プリンスで主催した際、オー・ミラドーを借り切っての会長招宴は、グールメの会員方から学術プログラムに劣らぬ高い評価を受け、いまだに語り草になっている。

b0084241_7432562.gif
仙石原の丁字路を左折すると、すぐ右にハイランドホテルがある。50年前、アメリカから帰国した頃は、三井の番頭の“団家”の別荘をホテルに改装したばかりで、こじんまりとして家庭的な雰囲気があった。
その後は今風のホテルに変身し、レストランが人気で予約なしには席が取れなくなった。
など書いていると、ホテル・ジャンキーと言われそうなので先を急ぐ。


b0084241_7434830.gifハイランドホテルの先に今日の目当ての一つの、ガラスの森美術館がある。
鉄板焼きで有名な鵜飼亭の鵜飼氏が作られたもので、ベネチアングラスのコレクションは素晴らしい。庭園やレストランも、鵜飼亭同様凝りに凝っている。
今日はレストランで、何時ものカンツォーネの他にクリスマスキャロルも歌われていた。

そのほか、サン・テクジュベリ ミュージアム、彫刻の森等々、子供にも大人にも楽しめるな施設が続々と生まれ、ススキの原で蜻蛉釣りする以外に何もなかった僕の子供時代とは一変した箱根だが、それらは芦ノ湖を取り囲む箱根の大自然に溶け込み、箱根そのものがますます魅力を増したのは幸いである。

ちなみの今回のフォトは、レイアウトの都合上、富士山を除きほかはすべてガラスの森のフォトを散りばめてある。
[PR]
by n_shioya | 2009-12-23 23:46 | コーヒーブレーク | Comments(8)
Commented by アヤメ at 2009-12-24 01:29 x
昔 ノビと他の友人達と彫刻の森美術館に行ったにを思い出します~。
Commented by Ken at 2009-12-24 09:26 x
仙石原をハイランドホテルとは逆方向に5分走ると我が家があります。 昨日の 箱根、寒さもやや和らぎ最高だったと想像します。 2週間前、そのカフェで私達もビーフシチュウ食べました。 その時も快晴で、湖面を照らすsunshineと妻のsmileが、極上のスパイスとなってその味を引き立たせました。 嵐の時(?)、ここで食べるこの味は・・・と一瞬考えましたが。 
Commented by jupiter at 2009-12-24 11:06 x
お久しぶりに書き込みです。
冨士屋ホテル、ハイランドホテル、山のホテルと湖畔のカフェ、今年の私たちの足跡そのものでした。
オーベルジ・オー・ミラドーは是非トライしたいものです。
ハイランドホテルのアルコールを垂らして火をつけるオレンジ輪切りのデザートは記念日のディナーを盛り上げてくれました。
私も青葉インターから5分の我が家から 箱根は1時間の庭先です。
これからも素敵なお店をご紹介下さい。
Commented at 2009-12-24 18:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2009-12-24 23:00
アヤメさん:
そう、いろいろありましたね。
Commented by n_shioya at 2009-12-24 23:02
Ken さん:
帰路、先生の家はどの辺だろうと見渡しながら、乙女峠へ向いました。
Commented by n_shioya at 2009-12-24 23:03
jupiterさん:
コメントありがとうございます。
そのデザートはクレープシュゼットですね。
僕の好物です。
Commented by n_shioya at 2009-12-24 23:04
ハドソン さん:
箱根はぜひ一度は!


<< 「ビューティフルエイジング 美... 足あと >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム