ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「ビューティフルエイジング 美と医の融合」
b0084241_1031492.jpg

先日ご紹介した田中宥久子女史との対談の日程が発表された。
1月19日夜7時から9時まで、場所は六本木のアカデミーヒルズである。
僕が前座を務めて、それから「真打ち」登場、そして二人の対談という運びだ。
司会は僕の敬愛する医療ジャーナリスト宇山女史。
彼女の司会進行なら僕は大船に乗った気持ちになれる。





b0084241_10333290.jpg

これは講談社が企画している、会員制サービス「Health & Beauty Review」のプロモーションの一環である。
先日「造顔マッサージ」を受けさせて頂いて、その効果のほどは実感したが、その後お伺いしたいことが山ほど溜まってしまったので、僕にとっても楽しみな対談である。

この講演会は六回のシリーズで、総合テーマは、「ビューティフルエイジング 美と医の融合」ということであり、ぼくの持ち分は「“見た目”のアンチエイジング」である。
美容医療の分野では美容の専門家と医師のコラボレーションが必要で、しかも医師の出来る「技」は限りがあるというのがかねてからの僕の持論だ。


一番困るのは、患者さん自身が、眼とか鼻とか、不満がはっきりしていればよいが、“ともかくキレイにして欲しい、どうするかは先生が決めてちょうだい、専門家でしょ。”といわれる場合である。
だが、我々は“美”の素養に乏しい一介の医師である。
そこでまず、田中女史のような「女性美」の専門家が患者の悩みをトータルに受け止めてくださり、医療以外の手法、それはエステ、メーキャップから始まって、服飾、髪形などを総動員し、ここだけは医師の出番ですよ、と絞り込まれてから治療を始めたいとかねがね思ってきた。

医療行為がエステやメークと違うのは、痛みや後遺症や、またごく僅かでもリスクを伴うということだ、その分効果は上がるが。
また、手術は一旦受ければ、元には戻せない。そこが他の手法と大違いである。
僕が「造顔マッサージ」がアンチエイジングの重要な手法の一つと考えるゆえんだ。

ちなみに「Health & Beauty Review」は会員向けの機関誌を発行予定で、そのサンプルともいえるムック「何歳からでも美しくなる生活・特集アンチエイジング」が発売され、その中に今度の講演会の詳細な案内も載っているので、ご覧いただけければ幸いです。

また、講演会も席に限りがありますので、ぜひ早めにお申し込みのほどを。

●詳細はこちら
[PR]
by n_shioya | 2009-12-24 21:55 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by だんぷ at 2009-12-25 11:28 x
これはこれは…
またまた随分興味そそられる内容です
かなりの幅の年齢層にアピールできる内容かと…
うかがえるよう検討調整したいものです
Commented by n_shioya at 2009-12-25 23:43
だんぷ さん:
どんな対談になるか、自分でもわくわくしています。


<< 銀座のクリスマス 箱根日和 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム