ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
褒め上手
僕が元主催していた教室の懇親会の席で、
K君がスピーチで述べた言葉にいまだにこだわっている。
“・・・あまり人を褒めないボスでしたが、自分は一度だけ褒められたことがあります・・・云々。”
何で彼が褒められたのか忘れてしまったが。

レジデントの最後の年は、最優秀者が一人だけチーフを務める習わしだった。
その歴代のチーフの中でも、最も優秀なのがK君だった。
僕は彼のパーフォーマンスすべてに満足し、充分彼もそれを感じてはいたと思う。
ただ、言葉に出して褒めたことがあるか、といわれると、それは定かではない。
口に出して言う必要のないほど、自明の理だった・・・と思っていたこと自体が、
こちらの独りよがりだと知らされたのである。

人はよく“褒めることが大事だ”、また“褒められて人は育つ”ともいう。
だが、この褒めることは意外に難しい。
口に出さずもわかってる筈と思うのは、やはり怠慢のそしりをまぬかれない
また、下手褒めたりすると、そのおだてには乗らないぞ、
と反発を買うのではないか、という遠慮もある。
褒めることの気恥ずかしさ。これは何だろう。
そのくせ、人に褒められると、お世辞でもうれしくなる自分。

振り返ってみると、感謝は言葉に出しても、御苦労さまと労をねぎらっても、
よく出来た!君は才能がある。などと人を褒めた覚えはあまりない。
一体どういうことだろう。
人を褒めるには自分に自信が必要なのかもしれない、そして包容力も。

一年以上前褒め上手」と書き記したブログを読み返し、
あれ以来何の進歩もない自分が恥ずかしくなった。
[PR]
by n_shioya | 2010-01-05 23:14 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by jupiter at 2010-01-06 11:22 x
新年明けましておめでとうございます。初コメントです。
いつも先生のブログ読ませていただいております。私も先生のような経験と教養あふれるブログにしたいと日夜努力しています。
しかし、自然と今までの素養がにじみ出るというのがこのブログの良さなのかもしれませんね。「自分の顔に責任を持て」というのと同じように「表現したものには責任を持つ」というのが65歳を超えた私自身への戒めでもあります。
「やって見せ、言って聞かせて、させて見せ、褒めてやらねば、人は動かじ」という山本五十六の有名なことばを先生やKさんはご存知でありながらの挨拶と確信していますが、本当に人間というものはおもしろい生き物ではありますね。
今年も「ほめて、ほめられて」自由になった時間を社会のために使えたらと願いつつ、ブログを書き、発言し、楽しんで過ごしたいと思っています。
どうぞこのエネルギッシュなブログお続け下さい。楽しみにしております。
Commented by n_shioya at 2010-01-06 20:47
jupiter さん:
コメント有難うございます。
今年も宜しくお願いします。
Commented by 日の出貝 at 2010-01-07 09:22 x
毎朝、先生のブログを読むのを楽しみにしています。「人をほめるには自分に自信が必要なのかもしれない」・・・身にしみる言葉でした。ほんとに難しい~~ 今年こそもっと成長したいと思います。
Commented by n_shioya at 2010-01-08 23:26
日の出貝さん:
コメント有難うございます。
一日も欠かさずもう五年目。我ながら感心できるのも、 日の出貝さんのようなコメントの支えがあってのことです。


<< 芭蕉の旅 スーパーカリフラジリスティック... >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム