ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
シャネル&ストラヴィンスキー
まだ観てもいない映画に就いて云々するのはいささかはばかられるが、それにはわけがある。

b0084241_22192354.jpg我々には、よく海外旅行をご一緒する親しい御夫婦が金沢においでになる。
南米から始まって、北米、ヨーロッパ各地。何時も僕がツアコン兼ドライバーを務めさせていただいた。
独断と偏見に満ちた案内役なので、さぞご不満や御迷惑なこともあったろうが、名所は逃さず、しかも通好みのルートや、隠れ家的な宿も取り混ぜたので、通常のパッケージとは違った旅をお楽しみいただけたのでは、と自負もしている。

何回目かの旅行でベニスにご一緒したとき、ベネチアン・グラスの店で、御夫人は特大の赤のワイングラスを買われた。
“あの、キャサリン・ヘップバーンとロッサノ・ブラッツィの旅情のを思い出して・・・”とはにかみ顔で言われたのが印象的だった。
そう、旅情ではあの深紅のゴブレットが物語のかなめになっていた。

そして来週は金沢での学会に出席し、久々にそのご夫妻にお会いするので、何か手土産をと横浜そごうの輸入食器売り場を覗き、真っ先に目に入ったのがラリックの新製品、ファセットというシリーズのワイングラスだった。

b0084241_22193728.jpg宣伝文を引用すると
『今回「ラリック」は、ココ・シャネル(Coco Chanel)と作曲家イーゴル・ストラヴィンスキー(Igor Stravinsky)との恋模様を描いた作品『シャネル&ストラヴィンスキー』に、ワイングラスや香水瓶、オブジェなど様々な製品を提供。その芸術性の高い美術品でラグジュアリーな世界を演出した。発売されるワイングラス「ファセット」は、直線を強調するフォームやカッティングがモダンな装い。映画のワンシーンでは、限りなく透明なクリスタルと赤ワインの深いレッドのコントラストによりモードな空間を創り出した。』
とある。

そう、これだ。僕は迷わずにこれを金沢のご夫妻の為に選んだ、映画の中のどういう場面で使われているのか、いささか気にはなるところではあったが。
[PR]
by n_shioya | 2010-03-29 22:02 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by icelandia at 2010-03-30 01:39
うわぁ、ラリック大好きで、大切に愛用中のものが数点。金欠なのでご無沙汰していましたが、久々にラリックの店でも見に行きますか。もう20年近く前ですが、パリでラリック展を見たことを懐かしく思い出します。「バッカスの巫女たち」を買って、素敵に飾れるようになるのが夢です。
 プレゼントされたご夫婦はさぞやお喜びになることでしょうね。ぜひ楽しい時間をお過ごしください。 それでも、あまりご無理をなさいませんよう。
Commented by n_shioya at 2010-03-30 22:09
icelandiaさん:
「バッカスの巫女たち」は素晴らしいですね。
ところで、清里の「ガラスの美術館」には行かれましたか?


<< フラワー・エッセンス ヨーロッパ・ドライヴガイド >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム