ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
赤レンガ倉庫街
横浜に住み着いて40年近くなる。
住めば都と言うが、横浜はまことに住み心地がよい。
大人の遊び場に事欠かない。
中華街、元町、大桟橋、山下公園などなど。
最近ではミナトミライ21に人気が集まり、山下公園近辺には陰りが見え始めたが。
b0084241_106997.jpg

ミナトミライのはずれの赤レンガ倉庫街は、ショッピングセンターと野外イベントスクエアに変身して、若者で溢れている。
赤レンガのとっ先にはレストランが二つ並んでいるが、どちらもカジュアルなイタリアンである。
海に近い方はニューヨーク・ダイニングと言って、開店当初から何時も満員の盛況だった。テラス席の角からは港がぐるりと見渡せ、しかも真正面には船を形どった大桟橋が寝そべっている。
運が良ければ飛鳥Ⅱ、パシフィック・ヴィーナスなどにお目にかかれる。
b0084241_10654100.jpg

それがどういうわけか数年してスミレと言う店に変わり、つい最近又別の店になった。
隣のマヅ―という店は始めから変わっていない。
その新しい店を試そうとやってきたが、長蛇の列で諦めてマヅーにした。
窓際に席をとると、目の前は花壇で、春の草花が目を楽しませてくれる。
大桟橋には中型の客船が停泊している。船名はアムステルダムとあった。
やはりレストランも眺めが大事というのは、我々夫婦の共通の認識である。

ところで店の変遷にはその場所に何かジンクスがあるのではなかろうか。
ニューヨーク・ダイニングのように長続きしない場合は、おいしくて人気があっても、数年ごとに同じ場所で店が入れ替わりを続ける。
マヅーなど、それに比べてロケーションは不利で、また特においしいわけでもないが、何となく続いている。

同じようなことが住居でも言える。
朝の散歩道に、2軒ほど、年中持ち主が変わったり、立て替えたりが続く家がある。
たまたま持ち主の都合が重なることもあるだろうが、特に場所に問題があるように見えないので、レストランの入れ替わりも含め、これが「家相」と言うものだろうかといぶかしく思っている。

b0084241_1071657.jpg

[PR]
by n_shioya | 2010-04-14 23:36 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by だんぷ at 2010-04-15 08:39 x
まさしく同じような店や家って各地にありますよね~家相というかロケーション相とでも言いたくなるような…
Commented by ruhiginoue at 2010-04-15 11:45
 港町は横浜もリバプールも交易の地のためか新しいものを積極的に取り入れようという雰囲気がありますね。
 横浜界隈では前衛音楽の発表会など普通に開催されていて、作品を披露する新進作曲家が、武満徹が聴きに来たと喜んで客席に飛んでいって礼を言っていたりと、そんなことが日常的でした。
 だから、埼玉県からはるばる電車で行っていた私は、引っ越そうかと思ったほどです。今は川崎と境目の東京にいますが。
Commented by n_shioya at 2010-04-15 21:20
だんぷさん:
科学的な理由があるのか、オカルトてきなものか・・・
気になるところですね。
Commented by n_shioya at 2010-04-15 21:22
ruhiginoue さん:
横浜がお好きで嬉しく思います。
ビールの発祥の地でもあるそうですね。


<< 若い時の体形を維持する秘訣 ドマニ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム