ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
モリエール
b0084241_117243.jpg今日が最終日と聞いて、早起きして東急文化村のル・シネマに駆けつけた。
出し物は「モリエール 恋いこそ喜劇」である。
丁度マキシムの古典的なフランス料理のように、フランスの味わい濃厚な名画だった。
出演俳優も名優ぞろいだ。

モリエールの生涯を描いた作品は30年ほど前にも作られたが、これは彼の空白の数カ月を捉え、その中に作中人物をうまく取り込んでつなぎ合わせ、さもありなんというモリエール像を創成している。
モリエールが悲劇を諦め、喜劇に徹する過程が“恋いこそ喜劇”として、実に鮮やかに描かれている。

白状すると僕はまだモリエールは本でも読んでないし、芝居も観たことがない。
解説にはこうある。
『モリエールを好きな人は、この映画に出てくる原作が全部でどれだけあるか、自分で確かめる楽しさを味わってもらいたい。モリエールを知らなかった人はまず、映画それ自体の楽しみを味わったうえで、是非、モリエールの芝居にも興味を向けてもらえると有難い。』
是非そうします。

映画の後はいつものように地下のデュ・マゴでランチを。

b0084241_1171574.jpg


ところで先日いとこの福田陽一郎のお通夜の席で、俳優の江守徹を見かけたばかりである。彼の芸名は、モリエールのモリエをひっくり返してエモリとしたということは御存じでしょう。
[PR]
by n_shioya | 2010-04-16 21:57 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by valkyries at 2010-04-17 09:57 x
先生、何を隠そう私の初舞台はモリエール「守銭奴」の召使い役でした・・・35年も前の高校演劇部での話です。それがきっかけで一時演劇にのめりこんだ事を懐かしく思い出しました。
今週末は岩波文庫版を読み直してみます。
Commented by n_shioya at 2010-04-17 23:56
valkyries さん:
河原乞食ほど幸せな人種はありませんね。
Commented by ruhiginoue at 2010-04-18 21:08 x
もともと芸の世界に行く人には経済的な事情や人種や民族の差別により学校に行けなかった人が大勢います。
そうした事情で進学できない最たるのが医学部ですけど。

Commented by n_shioya at 2010-04-20 21:22
ruhiginoue さん:
行くべき人がいけなくて、行くべきでない人がいく率が多いのも医学部ですね。


<< 異常気象または天変地異? 若い時の体形を維持する秘訣 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム