ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
袋井市
このところ「死」について考えている。
一つ年下の従兄弟、陽一郎の死で少し身近なものになったのかもしれぬ。
にとって唯一確実にくるもの」とは心得ていたが、今までは自分を、その「」にいれてなかったようだ。

“よく死ぬことがよく生きることになる”とはよくきくせりふだが、どうも禅問答のようで、わかったようなわからないような気がしていた。
だがこのへんで、あらためて「死」について考えることにした、よく生きることとどうつながるかはまだわからぬが・・・
とここまで書いてきて、新幹線の時間が迫っているのを思い出して、家を飛び出した。
夕方から袋井市でアンチエイジングの講演をすることになっていたのだ。

その講演を終えて今帰宅したところ。もう11時過ぎである。
袋井市の介護保険研究会の方々には、4年ほど前、湿潤療法の話をさせていただいた。その同じグループからアンコール講演で、アンチエイジングをと言う御依頼だった。
袋井市役所の会議室に7,80人の方がお集まりくださった。
皆さんとても熱心で、一時間半の時間があっという間に過ぎてしまった。

b0084241_0169100.jpg


「死」はしばらくお預け。
[PR]
by n_shioya | 2010-04-23 23:22 | アンチエイジング | Comments(6)
Commented by icelandia at 2010-04-24 14:57
「よく生きる」の見解は、楽しみにお待ち致しますね。
アイスランドのことを御心配いただき有り難う御座います。あれだけ世界に御迷惑をかけたにも関わらず、国内の被害は数十件の農家と、一部の道路破損程度です。国際空港も、噴火後一週間が経過し、昨日初めて閉鎖されました。現在も閉鎖中。これもすべて「風向き」の仕業です。首都レイキャヴィクには灰ひとつ降っておらず、大半の市民がニュースで噴火を知り、それほど大事になっていることに驚いたという程度。
[「噴火?仕方ないよ」、何事にも動じないアイスランドの人びと] http://bit.ly/aw5QLw
この記事が面白いかもしれません。被害にあっても合わなくても、動じていない、物事を甘受しているーーアイスランドも長寿国ですから、もしやアンチエイジング的な発想かもしれませんね。
Commented by ruhiginoue at 2010-04-24 20:23
 一休さんが言ってましたね。
「門松は冥土の旅への一里塚。目出度くもあり、目出度くも無し。ご用心、ご用心」
Commented by n_shioya at 2010-04-24 22:44
icelandia さん:
なるほど。そういうことだったのですね。
Commented by n_shioya at 2010-04-24 22:52
ruhiginoue さん:
そういえばこんなのもありましたね。
一家繁栄の句を望んだ信者に対し、
「親死に子死に孫死に」といったとか。
Commented by 御隠居@横丁 at 2010-04-24 23:06 x
死は前よりしも来たらず、かねて後ろに迫れり
考えてみれば死後も誕生前も不可知で、生死であるとか寿命であるとかは他人についてで、自分については不可知なんですが。
そこを自己も対象に含めようと拡張するのが宗教なのか歴史なのか数学(なんでも一般化・抽象化という意味で)なのか。いずれにせよ人の業というか、別名文明・文化。別名エゴなんでしょう。
Commented by n_shioya at 2010-04-25 20:11
御隠居@横丁さん:
わからないなりに自分なりの整理が必要だとは感じているのですが。


<< 「ガラスの巨塔」 塩谷一家 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム