ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
加齢によるキャラメル化現象
最近では不勉強な医者よりも、マスコミから患者への情報の伝達速度がはるかに速いくなってきた。
この傾向は昔からあって、よくアメリカでは医学雑誌よりも、レディス・ホームジャーナルに目を通した方が、患者に後れを取らないといわれたものである。
勿論その中には信憑性のないものも含まれるが、NHKの「ためしてガッテン」などは、なかなか調べもしっかりしており、専門外のことでは随分とお世話になっている。
今日の「骨密度の正常な骨粗鬆症」など、始めて知った話題だった。

加齢により骨密度が低くなると、骨折を起こしやすいことはどなたでもご存じのはず。だが最近、骨密度が正常化それ以上で骨折を、それも背骨などの自然骨折を起こす人が増えたという。
結論から言うと、カルシューム不足でなく、骨の構成成分のコラーゲンに糖がくっついてもろくなるのだという。当然ながら糖尿病の人に多い。
問題は、カルシューム不足でないので、レントゲンや骨密度測定などの検査ででは簡単に診断がつかないことだという。

実はこの糖分が体の組織にくっつくことをグライケーションというが、これが今、活性酸素の次に老化の原因として注目を浴びてきている。
加齢とともに糖分がコラーゲンといわずどんな蛋白質にもとっついて、いわば全身の組織が、キャラメルづけになっていくのだと思えばよい。

当然ながらグライケーションは、糖尿病なら起こりやすいわけで、メタボが動脈硬化、高血圧だけでなく、あらゆる疾患の発症に繋がる所以でもある。
これがコツのコラーゲンにも悪影響を及ぼすとは、恥ずかしながら今日初めて知った。

このへん、まだまだこれからの解明が必要だが、まず僕自身の勉強と、己の血糖値そしてコレステロール値のコントロールを考えなければならない。ちなみに今現在、糖尿病の指標であるA1cは上限ぎりぎりである。
[PR]
by n_shioya | 2010-05-19 22:18 | 食生活 | Comments(2)
Commented by だんぷ at 2010-05-20 22:04 x
読みながらこわくなってしまいました
骨が茶色くベタベタになって溶け、パキパキ折れてしまうイメージ…
これはピンピンコロリの大敵ではありませんか!
自分ももちろん、子供達のオヤツも気になります
…彼らの方が先が長いのにずっと早くにジャンクを知ってる気がしますから
Commented by n_shioya at 2010-05-20 22:49
だんぷさん;
携帯、ジャンクフード等々、知らないうちに我々の生活がむしばまれていくのは恐ろしいことですね。


<< 三越カルチャースクール第二回。 安田講堂の美女軍団 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム