ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ジープ・コンプレックス
モーターショーなど見に行くと、まず目が行くのは車の傍らに艶やかにポーズをとる美女軍団である。
これは例え車がフェラーリであろうと、ポルシェであろうと変わりないのが男の性である。
彼女らの胸のふくらみとか、スカートの丈の方が、馬力だのゼロ4だのといった車のスペックよりはるかに気を引くものだ。
不謹慎といえば不謹慎かもしれぬが、企業はそれを心得て““を添えているのではなかろうか。
b0084241_943353.jpg
三日間の試乗を終え、GLKを中華街の東門脇のヤナセに戻しに行くと、ショールームの“”がさっと現れた。
“如何でした、乗り心地は?”
“最高だね。ハンドリングも楽だし。”
“では、是非どうぞ。“
“先立つものがあればね。”
など、勧められたコーヒーを啜りながら、野性味を残しながら乗用車並みの優しさのあるGLKを、未練がましく眺めていた。

なぜそれほど4駆にこだわるのだろう。
確かに4駆にスタッドレスを履かせれば怖いものなしだ。
だがそれほど雪山に行くわけでもないし、オフロードを駆け巡る年でもない。
だが我々世代にはジープコンプレックスがある。
太平洋戦争で、天皇の為に日本軍によって殺される運命にあった僕たちを救ってくれたのが、進駐軍である。
そして彼らは東京中をジープでかっこよく駆け回っていた。

僕は一時、昔のごついディーゼルでマニュアルのランクルに乗っていたこともあるし、医学部のクラスメートで、虎の門病院の院長まで務めた秋山洋などは、三菱のジープにトレッドの深いオフロード用のタイヤを履かせて都内を走っていた。

ベンツなら、ゲレンデワーゲンということになるが、もはやそれほどの元気もないし、又こだわりもなくなった。
年をとるというのはこういうことだろうか。
そこで現れたのがGLKである。
一つ不便なのは立体駐車場が使いにくくなることだ。
そこを意識して、BMWは日本向けにX1という車種を準備しているようだ。
ベンツさん、頑張ってください。
[PR]
by n_shioya | 2010-07-29 22:14 | コーヒーブレーク | Comments(10)
Commented by valkyries at 2010-07-30 08:30 x
先生、「ジープコンプレックス」とは素晴らしい表現ですね。
なんだかその一言で日本人の舶来称賛、欧米追従という行動特性の謎が解明されたような気がします。
こういう特性から解放されるには、車離れが進んでいるという今の20代の若者たちに託すしかないのかも・・・?
Commented by karube at 2010-07-30 11:05 x
例のカメラマン・・・なかなかの腕前で安心いたしました。
私は以前にパジェロに乗っていました。雪の中での露天風呂を楽しみに冬になるとよく箱根に4駆で走りに行ったもにのです。
GLKはサイズも使い勝手もとても良い車です。
ただ・・・駐車場は大きな問題ですね。
Commented by あやめ at 2010-07-30 14:21 x
メルセデスを語れる先生はCool です。
Commented by 御隠居@横丁 at 2010-07-30 21:15 x
15年くらい前に、アメリカで4WD流行してるけど、4WD車のオーナーで、1年のうちに4WDが必要な道路を走らないのが90%以上という調査があるとアメリカ人に言われました。
どこでも同じだなあ、と思いました。
オーストラリアで舗装してない荒地を通過するツアーでは、(旅行者を安心させるため?)その部分はちゃんと4WDでの運行と明記されてました。ああいうところでないと必要ないですね。
Commented by Ken at 2010-07-30 21:54 x
一年に数回のみのワクワク感に、その所有の正当性を委ねているオーナー多いですよね。 (私もそうかな) 4駆+スタットレスで15センチほどの新雪の峠道を走るときの幸福感、昨冬一回だけ味わいました。 ケスレーのスキーでウエデルンをしているようでした。 昨日、東京ドームで相川先生と初めて会い名刺交換しました。 先生が、彼らとCape Codをドライブした話をカフェテラスでしてくれたことを思い出しました。 
Commented by n_shioya at 2010-07-30 23:08
valkyries さん:
フロイドではないが、人は一生幼児体験に縛られるものですね。
Commented by n_shioya at 2010-07-30 23:10
あやめ さん:
内情は火の車ですが。
Commented by n_shioya at 2010-07-30 23:11
Kenさん:
学会は如何でした?
Commented by n_shioya at 2010-07-30 23:11
御隠居@横丁さん:
本当はまだ今でも、オフロードを走破したいのですが。
Commented by n_shioya at 2010-07-30 23:50
karube さん:
それはモデルがよかったからです。
ありがとうございました。
そう、パジェロにお乗りでしたか。
ところでその箱根の露天ぶろはどこの宿ですか?


<< 傷はだれが治す? この酷暑 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム