ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
サンデル教授の「ハーバード白熱教室」
先日、ハーバードのサンデル教授の「白熱教室」をNHKの教育テレビで見て、衝撃を受けた。
内容もだが、学生たちとのディベイトの運びのテクニックの素晴らしさである。
政治哲学がサンデル教授の専門で、メインテーマは『正義について』である。
著書も最近のベストセラーで、又この春、テレビでも紹介されているから馴染みのある方も多いことと思う。
b0084241_21404296.jpg

学生の講義から離れて長いが、あのような白熱した授業が行えれたらどんなに楽しかったろうし、又学生の刺激にもなったかもしれない。
今でも、いろいろな形での講演や、カルチャースクールを担当してをり、何時も両方通行の討論を醸しだしたいと思っても、昔の癖でこちらがしゃべりたいことを喋りまくる一方通行になってしまう。

勿論彼の講義も、一見自由闊達な白熱した議論ではあるが、結局は単純化された彼の持論に旨くはめられてしまう感がないでもないが。

ただ学ぶべきことは、
①討議すべきターゲットは明確にすること
②しかし導入にあたっては、一見無関係な卑近な問題を取り上げること。
③問いかけはできるだけシンプルに、イエス・ノーで手を挙げさせる。
④そして手を挙げたそれぞれの立場のものに、その理由を説明させる。
⑤その説明をさらに追及して、矛盾点や問題点を浮き彫りにしながら、学生と共にターゲットと取り組む。
⑥結論は必ずしも重要ではないし、出せない場合もある。むしろ価値の多様性を認識させるのも一つの重要な目的と考えているようだ。

これをアンチエイジングのレクチャーに持ち込むと、ターゲットは幾らでもある。
①アンチエイジングとは何か?
②何も目的とするか?
③どんな手段が適当か?
④自分なら何を実行する?

だが、これをカルチャースクールで試すには、こちら側の相当の準備と、柔軟な対応が求められる。又、ある程度の参加者の意識レベルも。
さもないと支離滅裂な議論になるか、唯皆押し黙ってしまうであろう。
どちらかというと、新米「白熱教師」には後者が恐ろしい。
丁度落語家の悪夢が、“落ち“で誰からも笑いが出ないような。
[PR]
by n_shioya | 2010-09-30 21:41 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by アヤメ at 2010-10-01 05:46 x
先生 アメリカの博士課程の授業は臨床実習以外 5年間毎週9時間 ほとんどディベートでした。1週間 宿題にだされたテーマを勉強してきて いかに深く考えたか 何を学んだか それが社会に有効か など… ディベートの土俵に立つには 予習が必要でした。 そして リーダーとしてのグループ全体のダイナミックの勉強もさせられました。 
Commented by Ken at 2010-10-01 08:25 x
私もあの授業には憧れるのです(教授にも生徒にも)。 NY州立大出のMichelle(会話の先生、30歳)は、私の英語でのプレゼンの練習の時、発音の良し悪しも、eye contactがない、gestureがない、boringと言い、遂にはアドバイスを書くべきノートに内緒でsleepy~、と書いてました。 大学時代の6年間で、講義中に1回だけディベートしたの覚えてます。 確か、米国帰りの小児科の助教授の授業でした。 
先生、お疲れではないですか?  今度の山行きには私のSL使ってください。 Open air は秋が一番! 
Commented by n_shioya at 2010-10-01 23:10
アヤメさん:
これから少しずつ試みるつもりです。
Commented by n_shioya at 2010-10-01 23:10
Ken さん:
一度是非!


<< なぜ女は長生きか? 目のレーザー治療 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム