ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
飲むコラーゲンは効くのか??
最近、アンチエイジングのセミナーやカルチャー・スクールで、テーマに関わらず必ず聞かれることの一つに、“飲むコラーゲンは効くのか?”という問いがある。
これまでの答えは、“ノー”であった。
コラーゲンのような分子量の大きなタンパク質は、アミノ酸に分解されてから吸収されるので、飲んだものがそのまま皮膚に運ばれて、肌のコラーゲンになることはあり得ないからである。

だが最近になって、分解して生ずるアミノ酸の短い鎖が、そのメカニズムは不明だが、コラーゲンの産生を促すのでは、ということが言われ始めた。
又、分解されても、そのアミノ酸はコラーゲンの原材料として利用されるから飲むことは良いのでは、という考えもある。

似たようなことはコラーゲン入りのクリームについても言える。
皮膚の重要な働きは外敵や異物の侵入を防ぐバリア機能にある。コラーゲンのような分子量の大きなものが皮膚を自由に通過したら、皮膚はバリア機能を果たしていないことになる。
だから、保湿剤としての意味はあっても、コラーゲンを塗って真皮のコラーゲンを補うというのはナンセンスだということだ。
だが、ここにきて皮膚の表面にある表皮細胞には複雑な機能があることが分かってきた。すると、コラーゲンで刺激された表皮細胞が、何らかのメッセージをその深部の真皮層にある繊維芽細胞に働きかけて、コラーゲン産生を促すことがありはしないか。

こう考えてくると、なんに限らず効果を云々する時考えなければならないのは、
理論的にありえない、と言い切れることかどうか?
②肝心なことは効果の有無という事実ではなかろうか?
③もし多少とも効果が立証されれば、そのメカニズムを解明し、理論を正さねばならぬのでは?
ということになる。

ただ使用者側として心すべきは、その有るか無しかの効き目が費用対効果の面で如何なものか、つまり自分の懐具合ととっくり相談することであろう。
[PR]
by n_shioya | 2010-10-14 22:01 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by ruhiginoue at 2010-10-14 23:35
 私は、ゼラチン、豚足、軟骨唐揚げ、鶏皮、魚皮、ふかひれ、エイひれ、などコラーゲン豊富なものが小さい頃から栄養など意識せずとも大好きで、嫌う人の味覚が理解不能でした。
 でも、嫌う人はサプリのような摂取をしたがるのでしょうね。
Commented by n_shioya at 2010-10-15 23:39
ruhiginoueさん:
どう消化されようと、皆美味しいものばかりですよね。


<< ある慰労会 シャガール展 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム