ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
正心調息法
親に着いて話すのは、何かむずがゆく感ずるものだ。
だが生前でもあまり会話の成り立たなかった息子でも、三年もたつと改めて思い起こすことの数々もあり、もっと話し合っておけばと悔まれる。

親父は晩年は自分の考案した呼吸法の普及にのめり込んでいた。
名付けて「正心調息法」という。
書物も現し、日本中講演もして回り、結構信奉者もいたようだが、息子は全く関心を示さなかった。
だが、いまだに、“お父上の呼吸法を実行しています”とか、“正心調息法のお陰で命拾いしました。”とか言われて、面食らうことがある。

先週もある雑誌社から取材の依頼があり、“お父上の呼吸法に着いて一言”と頼まれた。
“あんなこと、馬鹿馬鹿しくてやってられませんわ”と率直に申し上げた。
要は腹式呼吸だと思うが、親父の教え通りだと、寝る前に20分は行う必要があるからで、怠け者の僕には向いていない。

だがよく考えると、『腹式呼吸』自体は決して悪いものではない。また、親父の呼吸法は、それに『瞑想』と『イメージ・トレーニング』が組み合わさっている。考えれば合理的である。
決してアンチエイジングにもとるものではないが、あれをマニュアル通り続けるのは至難の業だ。

“僕には無理ですが、信じて実行されている方が多いなら、父も草葉の陰で喜んで知るでしょう。”と雑誌社の方には申し上げながらも、“予言者は故郷では認められない”といったキリストの言葉を思い出して、不肖の息子は何か複雑な気持ちだった。“
[PR]
by n_shioya | 2010-10-17 22:00 | アンチエイジング | Comments(4)
Commented by HOPE at 2010-10-19 15:22 x
失礼ながらご本を読んだこともないのですが、UPを読ませて頂いた限りではとてもヨガに似ている感じがしました
なかなか続けるのが難しいのですよね
一旦習慣になれば、やらない日は調子が悪い、具合がすぐれないという
ことになって"好"循環なのでしょうが…なかなかその域に到達できないのです
ヨガで挫折経験済みの凡人にはなかなか…サボって罪悪感感じるのが関の山
今だ続けていらっしゃる方るは驚異的だと思ってしまいます
Commented by n_shioya at 2010-10-19 21:53
HOPEさん:
ヨガと違うのは、そこにイメージトレーニングと、「信念の魔術」的な要素が入っていることでしょう。
Commented by 正心調息法NW/いわさき at 2010-11-13 10:51 x
だいぶ遅れた書き込みになってしまいましたが、
正心調息法ネットワークという名称で
正心調息法の講習会を東京や各地で開催しています。

場所に限らず受講者がゼロのときもあれば10名集まる時もある。
そんな状態ながらもう10年続けられています。
それはそれですごいことかなとも思ってます。
ただ一向に「ネットワーク」にはなりませんけれど。

正心調息法については
人によっても取り方いろいろでしょうし、
ご家族の取り方もまたいろいろあるのでしょうが、
私にとっては塩谷信男博士の「ゆるさ」が
むしろ励みになっていることもあります。

ということで「ゆるり」と可能な限り
講習会を続けていこうと思っています。
Commented by n_shioya at 2010-11-13 22:54
正心調息法NW/いわさきさん:
コメント有難うございます。
晩年の親父は、残りの人生を呼吸法の普及にかけていました。
継承してくださる方がおられると知れば、さぞ喜ぶことでしょう。


<< 魚のうまい店「銀魚」 語り~耳で感じる物語 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム