ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ルールドと鎌倉
午後、教会の仲間の夫妻が御長男を連れて訪ねてきた。
この春、北里大学の医学部にめでたく入学し、夏休みに父親と息子でルールドを訪れたという。
恥ずかしながら我々はまだ行ったことがない。学生時代、アレクシス・カレルの「ルールドヘの旅」を読んで以来、是非行ってみたいところの一つではあったが。
パリには学会で何回も言っているが、ルールドまでは足を延ばす余裕がなかったのだ。
が、話をお聞きすると参拝者も大勢で、宗教的な行事も多く、とんぼ返りではとても行ったことにはならないようである。
“最低3,4日は必要ですよ”というのが父親のコメントだった。
だが、写真を拝見したり、滞在中の出来事などをお聞きして、チョッピリ行ったような気分になれた。

夜は、鎌倉の浄智寺で映画の会に参加した。
『幻風景』という題の短編で、次女の友人のアーティストが、借りていた古民家が取り壊されるのをきっかけに、当たり前の鎌倉、当たり前の風景を映像に収めた素朴な作品である。
鶴岡八幡宮の大銀杏が今年の三月に倒壊したことが、鎌倉の住人にとって如何にショックであったか、インタビューを受けた人々が異口同音に嘆いていたのも印象的であった。

移ろいゆく鎌倉。
ブログで繰り返し書いてきたように、鎌倉に住むのは我々の夢であったが・・・
[PR]
by n_shioya | 2010-10-24 22:25 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by HOPE at 2010-10-25 08:16 x
心から離れない街ってありますね
たとえ行ったことはなくとも
ルルドがそんなにゆっくり時間が必要とはしりませんでした
Commented by n_shioya at 2010-10-25 09:18
HOPE さん:
僕もカトリックでありながら、ルルドは聖地で観光地ではないことを勘違いしてたようです。


<< 吉田都 東京スカイツリー >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム