ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「女と男のだましあい」
“これお読みになって”、と美女のお一人から手渡されたのが、この本である。
b0084241_208223.jpg

「男と女のだましあい~人の性行動の進化」
ゾクッとするような題名だが、内容は副題の通りいたって真面目な、デヴィッド・バスというアメリカの「進化心理学者」の書いた啓もう書である。
進化心理学」という新しい分野に接するのも初めてだし、そもそもいにしえにダーウィンが「性淘汰」という概念を打ち出していたことも知らなかった。
まだ読み始めたばかりなので、とりあえず訳者のあとがきから引用させていただく。

“なんだかんだ言っても、男と女の関係というのはむずかしい。理想的に見えた夫婦が突然離婚したり、意外な二人が突然くっついたり、はたまた泥沼のような不倫におちいったりという例は、誰もが身近で見聞きした(あるいは自分で体験した)ことがあるだろう。
そこでくりひろげられる駆け引きの複雑さたるや、「男女関係こそ人類の永遠の謎」と言い古された表現にも、一面の真理が含まれているように思えてくるほどだ。その謎を、進化心理学の視点から解き明かしてくれるのが、本書『女と男のだましあい~人の性行動の進化』である。
(中略)
進化論の視点からすると、子孫を多く残せた個体(すなわち遺伝子を多く伝えられた個体)が勝者となり、残せなかった個体は淘汰される。ただ生存するだけでなく、配偶者を獲得し、繁殖することが必要なのだ。こうした繁殖の成否による淘汰を、ダーウィンは「性淘汰」と呼んだ。
バスは、この性淘汰の原理を人間に適用し、男女の性行動を、より多くの子孫を残すための戦略と見なして分析していく。そもそも人間はなぜ結婚し、離婚をするのか。なぜ男は若くて美しい女を好み、女は社会的位置の高い男を好むのか。なぜ自分は浮気をしたがるくせに、配偶者には貞節を求め、嫉妬するのかーーーこうした、見過ごされがちだが根本的な問題を、進化論の立場から鮮やかに解き明かしていく過程は極めてスリリングで、意外性に満ちている。
(後略)”

どうです,スリリングでしょう。
この週末はこれにかかりっ気になりそうだ。彼女がなぜ今僕にこれを勧めたか、“謎”を説くためにも。
[PR]
by n_shioya | 2010-10-30 20:09 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by 船長 at 2010-10-31 22:20 x
満ち満ちてる意外性がどの辺りか…ゼヒUpして下さいまし
楽しみです!
それにしてもこういった「正直にマジメにこれまでのタブーについて語る」本増えましたね
Commented by n_shioya at 2010-10-31 22:28
船長さん:
そう、「ヴァギナの文化史」など言うのもございますぞ。


<< コッツウォルド 「徳永二男の挑戦」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム