ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
脳を活性化しよう!
近着のニューズウィーク誌に脳の活性化の特集が載っていた。
アンチエイジングの講演で繰り返し叫んでいるが、アンチエイジングの今後の最大の課題は、認知症の予防と治療にある。
脳も、他の臓器と同様、加齢によって機能が低下するのはやむを得ない。
現実に脳細胞は毎日相当数が死滅していくとされている。
それでも支障がすぐにはおこらないのは、残った細胞が代償する、つまりまだ脳の働きに余裕があるのと、脳細胞間の連絡網が新たに構築されるからだと言われている。
また最近では脳細胞も再生するということが明らかになった。

だから脳の活性化には3つの手段があると言える。
①眠っている細胞をたたき起して、働いてもらうこと。
②細胞間の連絡網を密にすること
③可能なら脳細胞の再生を図ること。

最後は再生医療の分野で、実用化されるのはまだ先のことだが、①と②に関しては、サプリだの脳トレだの最近いろいろなことが提唱されている。
が、ニューズウィーク誌によればその殆どがエビデンスに乏しいという。

サプリの場合は、何らかの理由で本当にその物質が足りなければ、補うのも意味があるかも知れぬが、正常な時にそれ以上追加しても意味がないということだ。これは脳の活性化に限らず、すべてのサプリメントについて言えるだろう。

又脳トレについては、筋トレと違い、その作用のメカニズムが曖昧であり、また効果が検証しにくいということが問題のようだ。
ただ、ある種のテレビゲームが脳の活性化に役立つという報告があるという。
ただ、テレビゲームは、それにはまると他の機能が退化するのではと危惧するが、それは僕の偏見かもしれない。

ニューズウィークが活性化によい手段と取り上げた中で、僕も同意できるのは次の二つである。
適度な運動。具体的には毎日2,30分の散歩。これは僕も実行している。
瞑想。これはリラクゼーションも兼ねており、ストレスで発生し脳神経の働きを妨げるコルチゾールを抑制することにもなる。
これも僕は実行しているが、他人から見ると、瞑想居眠りか区別がつかぬようである。

いずれにせよ、バランスのとれた食事と、適度な運動という、アンチエイジングのライフスタイルが基本に、あとはストレスフリー、つまり能天気に暮せということのようだ。
[PR]
by n_shioya | 2011-01-04 23:04 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by 船長 at 2011-01-06 08:43 x
興味深いですね!
まだまだ未知の部分の多い分野ですもの
ブームに流されないで着実に有効な情報を手に入れたいです
ただ、瞑想はいいと実感があります
心身のバランスが取れる気がして、ほんの5分でも大きく違います
ただ、問題はストレスに晒されている時はその5分を割く気力もなくなり、ひどい時は完全に忘れてしまうことでしょうか…
先生のように日課にするのが一番ですね
Commented by n_shioya at 2011-01-06 21:16
船長さん:
人間も自然に戻れば、もっともっと本来の能力が現れるのでしょうが。


<< 20世紀美術 「細菌兵器」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム