ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
学校不信
NHKの「クローズアップ現代」で、家庭の事情で義務教育を受けられなかった方々の事を取り上げていた。
その中の女性の一人は80歳過ぎてから、夜間学校で初めて読み書きを覚えられたという。なかなかの達筆で、僕の字よりはるかに読みやすいのは驚きだった。
こういうお気の毒な事例は別として、番組を見ながらいまだに僕は、学校教育に多大な不信を抱いていることに気が付いた。

敗戦を機に、軍国主義一辺倒だった教師たちの、民主主義への鮮やかな変身ぶり。
又、中学から高校、大学にかけては、学制変化のために毎年の入試とカリキュラムのお粗末さ。
だが、何よりも僕は授業という形態は、教える方の都合で教わる方の立場は二の次になっていると思う。

人間の頭は、一時間ごとに語学から数学へ、また体育から理科へと器用に切り替わるようにはできていない。それ以上に、一つのことに集中して、飽きるまで続けることが許されず、一時間ごとに脳の働きが寸断されることが、創造力を破壊するのでは、と思っている。

勿論、本人に合わせたテイラーメイドの教育、つまりすべてを家庭教師にというのは、昔の王侯貴族にしか許されぬ贅沢であることは重々承知している。
だが、少なくも僕は、この教育制度の犠牲者だと信じ、自分の独創性の無さの弁解にしている。

この年になってやっと、カリキュラムの制約なしに、又、目的達成のプレッシャーを感ぜず、その時々、興味の赴くまま、一つの主題を追いかけることが許される、“考える幸せ”を味わっている。
勿論記銘力と体力の衰えは如何ともしがたいので、今少し早くこれに気がついて、自由な発想の展開をしておけばと悔まないわけではないが。
定年まで、学校教育の後遺症を引きずっていた自分の咎かもしれない。

世の親御さんたち、子供に“勉強せい!”と点数を稼がせる前に、学校教育から如何に子供の創造性を守るかと言うことも考えて欲しい。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-15 22:13 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by ぽん at 2011-02-15 22:20 x
塩谷先生のようなお考えをお持ちの教師に学びたかったです。
Commented by 御隠居@横丁 at 2011-02-16 11:14 x
おっしゃるとおりです。
病気とかドロップアウトとかで学校教育免れた人が独創的な業績残すことがありますね。
機械的というか下等動物というか、独創性のない人が試験は得意です。
わたしもこの口ですが。
Commented by n_shioya at 2011-02-16 23:03
ぽん さん:
ありがとうございます。
でも僕が教師の立場だったらどうふるまえたか、あまり自信はありませんが・・・・
Commented by n_shioya at 2011-02-16 23:04
御隠居@横丁 さん:
僕もその口名だったので、自戒の意味も込めて書かせていただきました。


<< フェイシャル マスク 珈琲カンタータ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム