ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
患者の知りたいこと?
先日取材を受けたクロワッサン・プレミアムの四月号が送られてきた。
早速宮永女史との対談記事を拝見すると、さすが餅は餅屋、二人で勝手に盛り上がったとりとめもないおしゃべりが、立派な対談になっている。
テーマは「アンチエイジングと美術解剖学の視点から考察する女性の美しさ」といういかめしい題ではあるが。
b0084241_21551948.jpg

そして同じ号に「プレミアム世代の老けジワ攻略法」という16ページの特集も組まれ、老けジワの原因、予防、対策などあらゆる角度から老けジワを攻めている。
しかも本屋をのぞいてみると、数十種類もある女性誌のほとんどが、何らかの形でしわシミ弛みを取り上げている。そしてこれは今月に限らず、毎号このところ女性誌の傾向のようだ。

女性の最大の関心事なことはわかるが、こう反復取り上げられるといささか気がかりなことがある。
つまり、こういう記事がどれほど読まれているか、又どれほど役に立っているかということだ。
読まれていることは間違いないだろう、それでなければ売上につながらないから。
だが、読者の本当に聞きたいこと、知りたいことにこたえているのだろうか、取材を受ける側としては、是非知りたいところだ。

昔僕は若い医師によくこう言ったものだ。
“自分の言いたいことではなく、相手の聞きたいことを話せ”と。
だが、これがなかなか難しい。どうしても自分の思い入れが先行してしまうからだ。

そこで美容医療について、「ここが知りたい、それも本当のところ」を、僕なりに列挙すると
①どこまで良くなるか?
②痛くはないか?
③リスクはないのか?
④恢復にどのくらいかかるか?
⑤効果は長持ちするのか?
⑥経費はどのくらいかかるか?
⑦誰のところに行けばいいのか?
如何でしょう?
この中で⑦が一番答えにくいが、患者としては一番知りたいところではなかろうか。
なぜなら、いい医師に巡り合えば、それで①から⑥までは、すべて的確な答えがもらえることになるので。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-23 21:57 | アンチエイジング | Comments(6)
Commented by アヤメ at 2011-02-23 22:34 x
先生 私がクライアントなら 同い年ぐらいの普通の容姿で普通のSocial econimic のレベルの方の体験談を聞いてみたいです。どんな悩みがあって どう医師とであって どんな不安があって…治療後 どう自分が変わったか…リスクも知りたいです。
Commented by Miharu at 2011-02-23 22:37 x
確かに7は気になります/
美容に関わらずあらゆることは誰のところのいけばいいのかが、わかればかなりほとんど解決の気もします(笑)
ところで先日大阪でのアンチエイジングの勉強に参加して参りました。
やはりお医者様が多いようですね。
先生のネットワークの入会案内もいただいて参りました。
東京在住なら即入会したいと思うものが他にもありました。
アンチエイジング奥深いです。
Commented by 宮永美知代 at 2011-02-23 23:26 x
塩谷先生。クロワッサン・プレミアムの企画での対談、とても懐かしく嬉しいことでした。また、何年経っても私にとって、先生との学究的な距離は一向に縮まっていないことを痛感し、対談ではずっと緊張が解けませんでした。お目にかかった日は、いろいろ課題をいただき、さらなる精進をと思った日でもありました。
Commented by n_shioya at 2011-02-24 21:55
アヤメ :
それこそ、心理療法士さんに探っていただきたいところです。」
Commented by n_shioya at 2011-02-24 21:56
Miharuさん:
八月には大阪で見た目のアンチエイジング研究会を開きますので、是非どうぞ。
Commented by n_shioya at 2011-02-24 21:57
宮永美知代さん;
是非、我々の学会にもご参加ください。


<< 無礼なマスコミ 3Mの研究センター訪問 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム