ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「本格小説」 水村美苗
10日ほど前から配偶者が夢中で読みふけっている本があった。
盛岡の従兄弟から送られてきた水村美苗の「本格小説」である。
“何がそんなに面白い?”
“ともかく面白いのよ。アメリカだの、軽井沢だの、成城だの馴染みのところが次々に舞台として展開するし・・・。そう、ドゥマゴもでてくるわ。”

速読の悪癖のある僕と違い、本はじっくりと読む方の配偶者にしては珍しく、もう読み終えたと言うので、昨日から僕も読み始めた。
なるほど面白い、と言うか“不思議な”小説である。
読み始めると“巻を措くあたわず”となり、先ほどもう上巻を読み終えたところだ。
b0084241_2238479.jpg

まだ下巻が残っているので結末は解らぬが、どうも「嵐が丘」を意識したもののようである。
だが、“不思議な”と言ったのは、現実離れした話なのに、実にリアルである。
実は昨夜、悪夢にうなされたが、この小説のせいだと気がついた。
何か、悪魔のような男につかまり、その男が手にしているロブスターとシャンペンから、(夢だから支離滅裂ではあるが、夢の中ではそれが生贄の儀式だと僕は知っていたので)自分の運命を悟り、必死で逃げるあたりで目が覚めた。
小説の中で、とあるパーティで、ロブスターを前菜にシャンペンを酌み交わす場面があったのを思い出したのは、目が完全にさめてからであった。

不勉強で僕はこの作者も作品も知らなかったが、ネットで調べると、「続明暗」で評判になった方のようだ。
本格小説」の下巻を読み終えたら、これも是非読んでみたい。
どういうわけか僕は、漱石の中ではあの「明暗」が最も引き込まれる様に読んだ作品だからである。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-27 22:38 | コーヒーブレーク | Comments(5)
Commented at 2011-02-28 10:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あやめ at 2011-02-28 16:29 x
先生の昨日のコメントに感動しました! 私もむかついた時には先生の顔思い出して 真似して がんばろう~!
Commented by n_shioya at 2011-02-28 22:22
peppy さん:
何時もお付き合いくださり、本当にありがとうございます。
フェイスブック、ともかく始めたらいかがでしょう。
Commented by n_shioya at 2011-02-28 22:23
あやめ さん:
何時か僕も精神分析?で救われたお話をいたしましょう。
Commented by あやめ at 2011-02-28 23:11 x
して して~!! あと どうしてカトリックを選んだか?


<< 議事堂内でのキックボクシングは... 官僚と医師の馴れあい? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム