ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
牙をむいた自然
、まだ救助の手が届かない方も多数おられる現状で、安全圏内にいる人間が、かろがろしく震災を論ずるのはためらいを感じる。
また、万単位とも予測される犠牲犠牲者の方々に、いかに哀悼の意を表しても空しい気がしないでもない。
それほどテレビ画面で見る自然の猛威はすさまじいものがある。

「天災は忘れたころにやってくる」とは寺田寅彦の警鐘とされていたが、いや、彼の著書には見当たらぬ、等の論議はどうでもよい。
現実に我々は自然をねじ伏せたと思いあがっていた、ということを今思い知らされている。
地震や津波だけではない。制御の利かなくなった「核分裂」も。
シカゴに眠る「原子の火」の生みの親、フェルミはどんな気持ちでいるだろう。
b0084241_21275020.jpg

一旦「リンゴの実」を味わってしまった人類は、もう「石器時代」には戻れない。
こんごも技術革新へ突き進むしかないだろう。
そして我々が今享受する豊かな生活も、病苦からの解放も、科学技術の賜物であることは否定できない。
だがここで、豊かさとは何か?を問いなおし、また自然を征服するのではなく、せめて自然を飼い慣らす、できれば自然と共存するという、古来、日本人が抱いていた意識をとり戻すべきではなかろうか。

など殊勝なことを言いながらも、目下の最大関心事が、何時こちらにも計画停電の順番が回って来るのかと言う、更には今回の地震のの刺激で何時東海地震が前倒しで来るのかなど、自分の身の安全だけなのが情けない。
[PR]
by n_shioya | 2011-03-14 21:26 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by HOPE at 2011-03-15 09:17 x
本当に後戻り、巻き戻しはできませんよね
ただ、いつも難しいと思うのは
自分の中で原始的(?)な感覚をどう忘れないように気をつけて
更に新しいモノの便利さをバランスよく取り入れ、
飲み込まれないでいられるかということ
生まれた時から便利さに囲まれて育つ子供達を見ると余計に難しさを感じます
「自分の身を案ずることが情けない」という感覚すら忘れてはいないだろうかとハッとしました
Commented by グリーンノート at 2011-03-15 17:48 x
万一に備えて、蓋付きの鍋でご飯を炊くことにしました。慣れたら上手に炊けるようになりました。しかし、スーパーではお米はほとんど売り切れです。いよいよお父様の提唱されていた玄米や麦ご飯の登場です。昆布や切り干しなど乾物を大目に買いました。先生の準備はいかがですか?
Commented by n_shioya at 2011-03-15 21:06
HOPE さん:
やはり、原始に戻る覚悟を決める時が来たのでは・・・
Commented by n_shioya at 2011-03-15 21:07
グリーンノート さん;
菅首相の会見を見る限り、相当やばい事態のようですね。
明日、準備に走り回ります。


<< 最悪のシナリオ? 輪番停電 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム