ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
歴史を変えた誤訳
鳥飼久美子(漢字が出てこないので失礼)女史の「歴史を変えた誤訳」を読み始めた。なかなか面白い。

歴史的には、不適切な訳語が惨事を引き起こした例としてよく挙げられるのは、太平洋戦争末期、連合国側の最後通牒の筈のポツダム宣言に対し、「黙殺」と日本の鈴木首相が言った言葉が、「Ignore」 と訳され、これすなわち「Reject」とられたため、原爆投下に繋がったというエピソードである。
これが原爆投下に影響があったかどうかも議論のあるところだが、言葉の持つニュアンスのギャップをどう埋めるか、難しい問題で「翻訳は反逆」という言い方をする人もいるくらいだと鳥飼女史は言う。

氏が序章で言われている、“翻訳とは言葉を訳すことではなく、文化を訳すことだ”とは至言である。つまりは相互理解の問題であり、「相互理解」と言うと、帰国後早々にライシャワー大使の通訳をさせられ、冷や汗をかいたことを思い出してしまう。

「40年以上も前のことだが、米国留学からかえってまもなくのこと、高島屋で今は亡き岡田謙三氏の個展が開かれた。
ニューヨークで親しくお付き合いしていた関係で、そのオープニングにまねかれ、のこのこ顔を出したところ、突然岡田夫人にマイクの前に引きずり出された。
これからライシャワー大使の祝辞があるので、通訳をせよという。
冗談じゃない、大使のほうが日本語はずっとお上手でしょう、と抵抗すると大使は言われた
“アメリカ大使として公式に話すときは、英語で話します。これは大使の務めですから。”
さらに小声で付け加えて“不適切な表現があっても、それは通訳の不手際ですと逃げることも出来ますからね”、とにやりとされた。

通訳とは特殊技術であり、ただ日本語と多少の英語がしゃべれるだけでは勤まらない。
適当にはしょって通訳していたら、そばで“チョッとずるしてますね”とライシャワーに言われてしまった。
それはいいが、突然“ソーゴリカイ”なる意味不明の言葉を彼が口にした。
ソーゴリカイ、耳にした事のない英語なので、立ち往生してると彼が助け舟を出してくれた,“相互理解。ミューチャルアンダースタンディングですよ、英語なら。”
参加者は大笑いで、ライシャワーはしてやったりと満足げである。
そのライシャワーも、岡田謙三氏も今は亡き人である。」(アンチエイジングブログ2007-06-28 23:59より)
[PR]
by n_shioya | 2011-04-11 22:30 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by HOPE at 2011-04-12 13:28 x
なんとも愉快なエピソードをありがとうございます。
先生のちょっと自虐的な(?)ユーモアたっぷりの文章にかかると、冷や汗体験も楽しく聞こえてしまう不思議。
でも、こういう力こそ相互理解の基なのではと思ってしまいます。
音字言語同士でも分かり合えないことも多々ある昨今ですもの、こういうお話いいなあと思ってしまいます。


Commented by n_shioya at 2011-04-12 22:31
HOPE さん:
確かに日本人同士でも、相互理解に難渋することがありますね、それが同じ屋根の下となると・・・
Commented by 御隠居@横丁 at 2011-04-13 17:54 x
鳥飼玖美子
と表記するのに、もしお役に立てば、と書きます。
先生がPCからでGoogleを使えて、簡単にコピー&ペーストできればの話ですが、Googleの検索窓で、とりあえずひらがなで、
とりかいくみこ
と入力すると、グーグルサジェストがオンなら、こういう有名人の場合、サジェストで漢字が出ます。それを選択すれば、漢字のエントリが出るので、それをコピー&ペースト。
サジェストを使えなくても、とりあえずひらがな「とりかいくみこ」で検索すると、検索結果に漢字を含むエントリがかならずあります。
以上、わたしがかな漢字変換でなかなか出ない漢字、あるいはドイツ語・フランス語・スペイン語等の特殊な字(ç、ñなど)を入力してる時にためしている方法です。
Commented by n_shioya at 2011-04-13 23:06
御隠居@横丁さん:
ありがとうございます。おっしゃるように、いろいろなやり方がありますね。


<< 視力? 危険なラップ療法? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム