ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
若き「皇帝」
今度のサイバーショットは素晴らしい。
全く別のカメラといっていいほどだ。
元来がバカチョンだが、プレミアムおまかせオートにしておくと、大概の撮影条件には自動で対応してくれる。
それでも更にという時は、シーンセレクションで場面に会った撮影モードを選ぶこともできる。

例えば「美肌モード」とか、「ブレ軽減」とか「逆光補正」とか、「料理補正(料理を明るくおいしそうに撮影する)」とか「打ち上げ花火用」の補正モードもある。
まだ全部試したわけではないが、例えば夜景。
今日はサントリーホールでN響の定期演奏。休み時間にホール前の暗いカラヤン広場を撮影すると、この通り。
ホールの入り口の照明も、周囲の高層ビルも、バランス良くシャープに映し出された。
b0084241_2313331.jpg

昔、素人でも、ピンと合わせだけでなく、露出計を片手に、シャッタースピードと絞りまで自分で設定していた頃が嘘のように思える。

ちなみに今日の演目はオール・ベートーベン。
指揮はイギリスの名指揮者ロージャー・ノリントン。
後半のピアノ協奏曲第五番「皇帝」のピアノはベルリン生まれのマルティン・ヘルムヒェン。弱冠29歳。
戦前の78回転SPのシュナーベルの荘厳さ馴らされた耳には、大変爽やかに、そう清冽といってもよい演奏だった。
若々しい皇帝も悪くないものだ。
[PR]
by n_shioya | 2011-04-28 23:14 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by 船長 at 2011-04-30 10:23 x
若々しさと荘厳さ…それぞれの魅力ですね
年を取るのも悪くないと思えるようになってきた今日この頃
先生のブログでアンチエイジングのイメージがだいぶ変わってきました
「若作り=無理してる感」から「年齢の重みと美」とは何かと考えるようにもなりまして
これっていわゆるQOLですよね?
Commented by n_shioya at 2011-04-30 20:52
船長さん;
アンチエイジングといっても様々なとらえ方があるようです。
でも、究極はQOLでしょうね。
それにもその人その人の価値観が反映されるでしょうが。


<< ミッション・ヴィジョン・ヴァン 我が家は花盛り >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム