ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
教育ママ
昼間布団干しをしていた配偶者が夜になって、全身がかゆいという。
“ダニかしら”
“いや、それは大変だ”
ダニは昔は皮癬、疥癬と言って治りにくい皮膚病とされていたからだ。
“皮癬3年、掻き3年、治って3年、あと3年、むずむず痒いが13年”と昔、母親から聞かされた戯言を披露し、ま、計25年は我慢が必要だなと励ました。

僕の母親は、誇り高きかつての奈良女高師の国文科卒である。ま、教育ママのはしりともいえるが。
子供の叱り方にも教養が溢れている。
戸の閉め方が悪いと、“のろまの三寸、馬鹿の丸開け“と、ピシャリとやられる。
このへんになると国文科よりも、落語科の世界ですな。

もっときついのは宿題などを先延ばししようとした時などだ。
“明日ありと思う心のあだ桜、夜半(よわ)に嵐の吹かぬものかは“と言われるともう逃げ場を失ってしまう。。

僕が国語が大嫌いになって、いまだにまともな日本語が使えないのはおふくろのせいだと思っている。
[PR]
by n_shioya | 2011-06-20 00:13 | コーヒーブレーク | Comments(10)
Commented by miya at 2011-06-20 00:22 x
お母様の叱り方、凄いですね。子供は大変だ…。でも品格がありますね。

ところで、アメリカではミシシッピー川の大洪水がネブラスカ州の原発を襲いました。Omaha Public Power Districtの広報担当は「原子力発電所は安定した状態で、放射性物質は漏れ出していないし、今後も漏れ出すことはない」と説明しています。
このセリフ…2,3ヶ月前に日本でも聞いたような…。思わず笑ってしまいました(本当は笑っている場合じゃないんですけど)。
Commented by HOPE at 2011-06-20 00:24 x
独特の節回し(?)とお話の展開の多様なところ、
そして時々垣間見られる自虐ネタ(失礼)はそのような環境で培われたのですね
妙に感心してしまいました
でも、特別な愛情を感じます
これは母親になったからなのか、女性だからなのか?
…奥方と26年後に快気祝いをなさるときにはぜひお知らせください
Commented at 2011-06-20 06:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 船長 at 2011-06-20 08:19 x
奥様のお加減いかがですか?
痒みは相当ひどくないと他人には苦しみがわかりにくいと思いますが
結構つらいですよね
一過性で治られていることお祈りします
Commented at 2011-06-20 21:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2011-06-20 22:43
miya さん:
権力者は洋の東西を問わないものですね。
Commented by n_shioya at 2011-06-20 22:44
HOPEさん:
自虐性も自己防衛の一つの手段というご指摘は鋭いです。
Commented by n_shioya at 2011-06-20 22:46
船長さん:
かゆみは毛よいようです。
今度は老眼が治ってしまい、老眼鏡が使えなくなったとこぼしています。変な話ですね。
Commented by n_shioya at 2011-06-20 22:48
ローズマリー さん:
僕がドヤ街を安住の地と定めなかったのも、お袋の遠謀深慮のおかげと、今は感謝しています。
Commented by n_shioya at 2011-06-20 22:52
peppy さん:
文系、理系と割り切れるものでもありませんね。
ニュアンスの違いはあっても、トーマス・マンの傑作短編「トニオ・クレーゲル」の主人公もその相克といえるのでは・・・


<< 札幌市民講座 八ヶ岳は花盛り! >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム