ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
官僚の責任
まだしつっこく古賀茂明を追いかけている。
今日一日で新刊の「官僚の責任」を読み終えた。
前著の「日本中枢の崩壊」のダイジェスト版ともいえ、読みやすい。
b0084241_2335820.jpg

今の日本は太平洋戦争末期、そう、ミッドウェー敗戦時に酷似している。
昔軍部、今霞が関。
だれも責任をとらない美風を温存し、リーダーシップの欠如したまま、破局へと突き進んでいる。

官僚の罪は、その村の掟にある。
①省益を最優先し、国民の福祉などはしたないことは考えぬこと。
②人間性をそぎ落としながら、自己防衛と権力維持に勇猛邁進すること。
③刑法上の犯罪でない限り、事故の過失は絶対に否認すること。
④全知全能を絞ってテニオハを操作し、自己に不利なすべての改革を骨抜きにすること。
⑤今回の災害を増税の好機ととらえる、つまり火事場泥棒に徹すること。
⑥そしていままさに東電と経産省の悪のシンジケートが今日本を破滅におとしいれようとしていること。

いささか乱暴だが、これらが古賀氏の主張の要約である。
シンジケートの中枢にいた人物の証言なだけに、恐ろしいほど説得力がある。

日本再建の処方箋は描かれているが、国民が目覚め、国民投票で行政革命を断行しない限り、実現は不可能なようだ。
[PR]
by n_shioya | 2011-07-20 23:04 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by 船長 at 2011-07-22 23:23 x
ふむ…
唸るしかないのですが…
Commented by n_shioya at 2011-07-23 22:35
船長さん:
全国民が読んで、決起することを望みます。


<< 富士フィルム先進研究所訪問 医療工学 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム