ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
やんちゃ坊主の其の後
やんちゃ坊主宣言をして、実に気が楽になった。
そして自分の周りを世界が回る、つまり天動説が正しいということもわかった。
といって何も、はた迷惑な、また破廉恥なことを始めたわけではない。
反対に、なんでもやりたいようにやりましょうと思っただけで、こだわりがとれて、もっと幾らでも建設的なことに頭が向くことが分かった。
つまり敵は他人ではなく、自分の中の抵抗回路だと分かったのである。

何かやろうと思った時、他人が反対する前に自分で世間様はどうだろう、と自制をかけてしまうアホらしい習性だ。
なんでも抑制されれば帰って無理にでもやりたくなるものだ。
余談だが、ゲイはわが国ではむかしからあまり問題視されなかったので、かえって御稚児さん趣味として称揚されていた向きもあり、かえって欧米のように極端から極端に走らなかったという見方もある。

同様に、なんでもどうぞと自分に許すと、こだわりがとれて自由に発言し、顰蹙を買うことなく思いを実行していくことが心理的に可能になる。
何かこれから、もっともっと自分でも知らなかった能力が発揮できるようになるのでは、と勝手に期待している。
[PR]
by n_shioya | 2011-08-18 23:14 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by 船長 at 2011-08-19 01:27 x
他人の目、というより「自分の中で作り上げた他人の目」というのは
もっとも厄介です
他人のせいにしてしまえる分逃げ道があるので
こだわり取れたら楽…そうなりたいです!
Commented by n_shioya at 2011-08-19 21:22
船長さん:
他人の手を借りないと脱出できないことのほうが多いですね。


<< 美の迷宮 信仰上の疑念 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム